キヌア

キヌアが糖尿病、生活習慣病ダイエットや食料不足問題に貢献

キヌアの栽培
キヌアキノア)は一年草で、アンデス地域原産の穀物です。穂は品種により、 黄、赤、白、紫等 様々な色を呈し、大量に実をつけるために収穫量が多いのが特徴です。
キヌア(Quinua)は、アンデス地方で数千年前から食されてきた穀物の一種です。
穂は品種により、 黄、赤、白、紫など様々な色を呈し、大量に実をつけるために収穫量が多いのが特徴です。
栄養価の高い雑穀ということで、スーパーフード(健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品)として注目されています。

キヌアには以下のような各種栄養成分がバランスよく含まれて います。
・必須アミノ酸を網羅した高度のタンパク質
・カルシウムやマグネシウム、鉄、亜鉛
・必須ビタミン類
・リノレン酸(コレステロール値の改善効果がある不飽和脂肪酸)
・アミラーゼ(消化酵素の1つ)
・食物繊維
キヌアの主要生産国であるペルーのマチュピチュ村と友好都市協定を結んでいる大玉村(福島県)では、キヌアの試験栽培が行われ、特産品を目指しています。

歌手のビヨンセは出産後、お米やパスタの変わりにキヌアを食べるようにして、3ヶ月で26kgものダイエットに成功したそうです。
糖尿病やダイエット、生活習慣病にも効果がありそうです。
また、少雨な気候でも栽培可能なキヌアが、アジアやアフリカなどで栽培されれば、食料不足に苦しむ国々を救うかもしれません。

 

キヌア通販
治療キヌア

白米に混ぜて炊くとプチっとした歯応えのある食感が楽しめます!

 

 


 

掲示板治療と予防
http://diseaseinfomation.seesaa.net/
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報

胃がん 大腸がん 肺がん 乳がん 子宮がん 白血病 肝炎 脳梗塞 うつ病 心筋梗塞 高血圧 更年期障害 リウマチ 腰痛 椎間板ヘルニア 白内障 歯周病 アトピー性皮膚炎 水虫 痔 感染症 糖尿病 メタボリックシンドローム 生活習慣病 ストレス

 


 

掲示板治療と予防の掲示板

掲示板病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事の掲示板

 


 

掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう

掲示板意味と目次

掲示板ダイエット

 

キヌアは、栄養価の高い雑穀ということで、スーパーフード(健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品)として注目されています。

 


 

広告

病院や診療所の選び方と患者力のポイント

病院や診療所の選び方と患者力のポイント

医者に殺される患者、生かされる患者.jpg
治療「殺される患者、生かされる患者 – 100点の治療を受ける方法」

著者: 児玉知之

<目次>
病院を選ぶとき
かかりつけの病院を変えるとき
救急外来を訪れるとき
症状は軽くても心配事があるとき
外来で特定の検査を依頼するとき
治療方針を決めるとき
医師と接するとき
看護師と接するとき
薬局に行くとき
処方箋を出されるとき
健康診断の結果が悪かったとき
正規の医療に限界を感じはじめたとき

 


 

現役内科医が教える「医者に殺される患者、生かされる患者」
(アサ芸プラス 2016年)

(1)医療機関を選ぶ方法とは?

「本来、サービス業というのは支払った金額に応じたサービスが提供されるもの。ただ、医療はサービス業の中でも特殊で、消費者である患者さんに決定権がない場合が多い。これはサービスを受ける側があまりにも無頓着すぎるから。そして、そこに殺される患者と生かされる患者との決定的な違いがあるんです」

こう語るのは、「殺される患者、生かされる患者 100点の治療を受ける方法」(ワニブックス)の著者で内科医の児玉知之氏だ。

医師といえど人間。理不尽な態度で接したり、真剣に病気と向き合う態度がない患者には必要以上の治療を施さない場合がある。医師の対応いかんでは、本来受けるべき治療を受けられず、結果、それが死につながることもあるのだ。児玉氏がレクチャーする「医者に殺されない患者になる知恵とテクニック」とは──。

病院を選ぶ際に、すでに分かれ道は出現している。

「イギリスなどの場合はプライマリードクター制度というのがあって、地域ごとに医者が割り当てられているため、そこで専門的な治療が必要と判断されて初めて高次医療施設に行くことになります。つまり、フリーアクセスではないということ。ところが日本は極端な話、自分がガンだと思えば直接がんセンターに行くことも可能で、病院の選び方には大きな自己責任が伴う。だからこそ、慎重にすべきなんです」

にもかかわらず、「近所にあるから」「家族が通っているから」などの理由で通院先を選ぶケースが多い。

「最近は医療が高度になったこともあり、より細分化されているため、昔のようにオールマイティに診察できる医者はまずいません。ですから、ネットで調べるなり電話で確認するなりして、事前にその医者の下調べをしていくことが必要。それが自己防衛手段になります」

医療機関の「得意分野」を簡単に見抜くには、まずそのクリニックが標榜している順番を確認することだ。

「開業医の場合、例えば『循環器内科・内科・小児科』とあったら、最初にある循環器内科が専門だと思えばいい。多くの医者が内科と書いていますが、極端な話、お手軽だから。専門でなくても標榜するのは自由だし、罰則もありません。だから美容整形しかできない医者が内科の看板も掲げてビタミン点滴をしたり、インフルエンザの時期だけ予防注射をやったりするケースもあります」

ぶっちゃけ、個人開業と総合病院、どちらを選ぶべきなのか。

「双方ともにメリット、デメリットがありますが、開業にはそれなりのリスクが必要なので、開業医には最低10年から15年のキャリアが担保されています。そのため、総合病院で研修レベルの医者に当たって参った‥‥みたいなことが起こる可能性は低いはず。ただ、1人でやっているのでカバーできる範囲が限られ、専門外のことに対応できないケースもあります」


(2)医者のスキルの見極め方

加えて「外科部長」「教授」といった肩書やマスコミに登場する「名医」という冠も、そのまま鵜呑みにするのは危険だという。

「別にマスコミがだましている、というわけではないんです。ただ、その医者が本当に名医なのかどうかは、一緒に働いてみないとわかりません。現に内科部長や外科部長という肩書があっても、全然仕事ができない人は山ほどいます。だからマスコミで評判の高い名医より、近所で評判の高い名医を選ぶほうがいい。肩書に惑わされないことです」

とはいえ、我々患者は、どうやってその医師のスキルを見極めるべきなのか。その鍵となるのが、医師が持つコミュニケーション能力なのである。

「医者として最も重要なのは、コミュニケーション能力。ところが、現実にはそこが最も後回しにされているんですね。逆に言えば、その後回しにされることをきちんとやっている医者は医学的知識が豊富で、高いスキルを持ち合わせている可能性が高いということです」

医者を見るポイントは難しいことではなく、人当たりのよさや、病気についてわかりやすく説明してくれるかどうかなど「基本的なことがきちんとできるか」という点。つまり人間が相手に対し、本能的に感じる部分を大切にすればいいのである。

「そういうところができていなかったら、すぐに医者を代えるべき。それが殺されないための知恵ですね」

医師との間で思うようにコミュニケーションが取れず、やむなく病院を変えることになった。その場合、「生かされる患者」になるためのキーワードが「紹介状」を書いてもらうことだ。

「紹介状というのは診療情報提供書といって、かかりつけの医師が疾病名などを記載したものです。ですから、これがあるとないとでは、新しい主治医の仕事のしやすさやその適切さが大きく変わってきます。また、通院歴が長いのに『紹介状がない』と言われると、大半の医師は前任の医師と患者さんとの間にトラブルがあったのではないかと思うはず。大きな病院になればなるほど医者にゆとりがなくなるので、そういう人はなるべくお断りしたい。そう受け取られないためには、正式な手順を踏むことが大事になるわけです」

今年4月には医療制度が変わり、紹介状がないと大きな病院の初診料が必ず数千円高くなることになった。この点から見ても、紹介状を書いてもらったほうがお得となる。


(3)医者と話すときの注意点

さて、新たな主治医に紹介状も提出し、いよいよ初診がスタート。だが、その際も「殺されないため」の注意点が。前に通っていた病院の不満を口にしないこと、である。

「医者は『なぜ、こちらの病院に‥‥』と水を向けるはずです。でも、その誘い水に乗ってしゃべりすぎてしまうとまずい。そこはグッとこらえて、事実だけを話したほうがいい。事実を淡々と伝えるだけでも、そのニュアンスで『前の病院で何か嫌なことをされたんだな』ということは理解できる。必要以上のおしゃべりは禁物ですね」

さらに、特定の検査だけを指定することもNGなのだとか。

「基本的に、検査を見繕うというのが医者の仕事。なので、職域に進出しすぎないほうがいい。医者の立場からすると、絶対にいい気持ちはしないもの。そういう場合は、患者さんに言われた検査だけしておしまい、という医者もいますし、親身になった解説はしてくれない場合もあります」

また、自分はこの病気に違いないときめつける「頑固型」患者も問題だという。

「きめつけてこられる方に対し、『違うみたいですよ』と水は向けても、そこで否定されると、医者が患者さんにそれ以上積極的にアプローチすることは難しい」

一方、「全てお任せ型」の患者も、それはそれで問題が多いという。

「例えば、医者と患者さんとの間できちんと信頼関係ができているなら別ですが、初めから全てお任せしますというのは、裏を返すと『何かあった時はあなたの責任ですからね!』とプレッシャーに感じる医者もいます。で、結局、ローリスクローリターン、無難な守りの治療に終始することになります」

つまり、わからないならわからないなりに、きちんと説明を受け、一緒に治療方針を決めていくことが大切なのだ。

「真剣に相談してくる患者さんをムゲに扱うような医者はそういません。本気で治ろうとしている人にはきちんと対応するし、自分で手に負えない場合は、きちんとした病院を紹介してくれるものです」

真剣さをアピールするために効果的なのが、メモを取ることだという。

「メモを取るということは、私はちゃんと聞いていますよ、という意思の表れです。医者は『ちゃんとメモを取って聞いてくれようとしているんだな、わかろうとしてくれているんだな』と感じます。その姿勢がお互いの信頼関係を作っていくのです」

逆に、絶対にやめたほうがいいのが、会話の録音。

「医者は訴訟が最も怖い。会話を録音されると、訴訟に使われるのではないか、ネットに流されるのではないか、といった思いを抱いてしまう医者も少なくありません。メモを取ることはOKですが、録音はやめたほうがいいでしょうね」


(4)看護師さんに味方になってもらおう

そして当然のことだが、患者が「自分の健康についてどう思っているのか」という気持ちは、医師に伝わるもの。

「患者さんに対して医者は具体的な治療内容や計画を告げるはずです。でも患者さんから『その方法は嫌です。やりたくありません!』と言われれば、わかりましたと答えるしかないんです。医者も人間なので、時間に追われる中、毎回同じことを繰り返すのは面倒ですし、嫌な顔をされたらそれ以上言いたくない。結局、患者さんが損をしてしまうということになるんです」

さて、病院での治療が終わった。あとは薬をもらって帰路につくことになるが、薬の説明を受ける際にも、命運を分けるポイントが存在した。

「よく医者に薬の飲み合わせや保存法を聞く患者さんがいますが、これは間違い。医者は薬の成分や副作用については把握していますが、性質については詳しく知りません。中には冷蔵庫で保存しておかないと効果が薄れてしまう薬もあります。飲み合わせや保存方法などについては、医者ではなく薬剤師さんに相談すること。これを間違えないようにしてください」

とはいえ、通院しても病状が改善せず、そのまま入院となる場合もあるはずだ。この場合も「生かされる患者」になるため、忘れてはならないポイントがある。それが看護師を味方につけることなのだ。

「今はチーム医療の時代です。たまに入院患者さんの中で看護師を下僕のように扱う人がいますが、そういう患者さんは基本、いい医療は受けられないと思ったほうがいいでしょう。なぜなら、病院は看護師で回っているからです。ですから看護師を適当に扱うと、患者さん自身も適当に扱われてしまうだろうし、逆に看護師の評判がよければ、間違いなくいい医療が受けられるはず。つまり、快適な病院生活を送るためには、看護師を味方につけるのが一番というわけです」

医師も看護師も患者も同じ人間である以上、円滑な関係を築くためには、やはりお互いのコミュニケーション能力が必要ということになる。

わざわざ診察を受けに行って、命を落としては元も子もない。我々も患者力を高め、「殺されない患者」「生かされる患者」になるための準備が必要なのだ。

 


 

 

電子書籍
名医
治療「名医」のウソ – 病院で損をしないために

著者: 児玉知之

<目次>
序章 名医を作るのは患者である
第1章 病院ですっきりしない理由
第2章 病院選びの前に身につけたい医者との対話法
第3章 「薬」は医者も患者も知ってるつもり
第4章 治療経過の履歴書を作る
第5章 医者は万能だという都市伝説
第6章 「病院ガイド」ではわからない本当のポイント
終章 日本の医療がわかりづらい理由

 


 

治療治療と予防

治療病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事の掲示板

 






病院と診療所の違い
病院は、ベッド(病床)の数が、20床以上ある医療施設です。全国に約8,500あります。
診療所は、0〜19床の医療施設です。全国に約100,000ありますが、そのうち、約90,000は、ベッド数が0、つまり、入院設備はありません。
ちなみに、「クリニック」や「医院」も診療所に含まれます。

なお、他の医療施設(医療機関)などからの紹介状なしに「200床以上の病院」において初診で受診した場合は、
通常の医療費(治療費)の他に病院が定めた金額を徴収できることになっています。
これを「特定療養費」あるいは「選定療養費」といいます。
(金額や例外などの詳細については、受診したい病院に確認した方がいいです。)
軽い症状なら近くの診療所に受診して、さらに詳しい診察が必要と判断されたら紹介状を書いてもらって大きい病院を受診するのがよいと思います。


掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう


病院や診療所の選び方


ロキソニンの副作用

ロキソニンS

ロキソニンS

 

2016年3月22日、解熱鎮痛薬「ロキソプロフェンナトリウム水和物」の使用上の注意について、厚生労働省が[副作用]の「重大な副作用」の項に下記を追記するよう、改訂指示を出しました。

「小腸・大腸の狭窄・閉塞:
小腸・大腸の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞があらわれることがあるので、観
察を十分に行い、悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状が認められた場
合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。」

 


 

ロキソニンには、医師の処方を受ける医療用と、薬局などで販売されている一般用とがあります。
市販の薬としては、第一三共ヘルスケアロキソニンSが有名ですね。

厚労省によると、この3年間で、医療用の薬を使った患者5人の小腸や大腸に、副作用と見られる腸閉塞などの症状が出たそうです。ただし、その多くが、腸に潰瘍のある患者だったそうです。
一方、薬局などで一般用の薬を買って使った人に症状の報告はなかったようですので、今回の注意喚起は、腸に潰瘍のある患者さんなどに対する念のための注意喚起と言えそうです。


以下のサイトにおいて、医薬品の販売名、成分名、副作用名等から各医薬品の添付文書を閲覧することができます。

(#) ロキソプロフェンナトリウム水和物(医療用)(経口剤)の「使用上の注意」の改訂について
http://www.pmda.go.jp/files/000210850.pdf
2016年(平成28年) 3月22日 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)

該当商品名(承認取得者)
ロキソニン錠 60mg、同細粒 10%(第一 三共株式会社)
ロキソプロフェンナ トリウム内服液 60mg「日医工」(日医 工株式会社)他


 

腸閉塞

 

腸閉塞(イレウス)の症状や原因・診断と治療方法
http://health.goo.ne.jp/medical/10G30900
口から摂取した飲食物は、胃、小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。また、唾液や胃液をはじめとする消化液が、1日数lも胃腸のなかに分泌されますが、これも小腸や大腸で吸収されて残りは便とともに排泄されます。
これらの食べ物や消化液の流れが小腸や大腸で滞(とどこお)った状態、すなわち内容物が腸に詰まった状態が腸閉塞です。腸が拡張して張ってくるため、おなかが張って痛くなり、肛門の方向へ進めなくなった腸の内容物が口の方向に逆流して吐き気を催し、嘔吐したりします。腸閉塞は、吐き気・嘔吐を伴う腹痛が現れる最も代表的で一般的な病気です。

 


 

 

痛み止め
掲示板「痛み止め」

 


 

掲示板治療と予防の掲示板

掲示板病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事の掲示板

 


 

掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう

 


 

りんご病

りんご病(伝染性紅斑)意味

りんご病とは、ヒトパルボウイルスB19というウイルス感染によって起こる発疹性疾患です。正式には、「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」で、りんご病という名称は通称です。

りんご病のヒトパルボウイルスB19

幼少児(2歳〜12歳)に多い感染症で、春ごろにかけて流行することが多いようです。

りんご病の症状の例は、頬が、りんごのように赤くなり、太ももや腕には赤い斑点やまだら模様ができます。頬が少しかゆくなることもあります。

感染経路は、主に飛沫感染です。潜伏期間5日〜6日で、その後約1週間は無症状ですが、さらに、その後1日〜4日ほどすると発疹が出現するようです。
つまり、感染してから、発疹が出現するまで、16日〜18日ほどかかります。

りんご病は、自然に治ることもありますが、かゆみが強いようなら抗ヒスタミン薬を使うことが多いようです。 ワクチン(予防接種)は、ないようです。

日常生活でできる予防法としては、よく手を洗うことが大事です。

(#)感染症の話;伝染性紅斑(リンゴ病)
http://u111u.info/k1Gp

(#)「伝染性紅斑」(厚生労働省)
http://u111u.info/k1Gz






生まれてから3才までの育児
(#)最新決定版 はじめての育児: 生まれてから3才までの育児はこの1冊におまかせ! (暮らしの実用シリーズ)

<本の内容>
新生児から3才までの育児がわかる最新決定版。お世話、発育・発達、予防接種・健診、病気とケア、さらにワーキングママの基礎知識までが分かりやすく解説されています。

<目次>
1 新生児(0カ月)の生活と発育・発達
2 月齢別(1カ月〜3才)の発育・発達
3 お世話の基本
4 赤ちゃんの食「母乳・ミルク」「離乳食」
5 生活リズムとしつけ
6 赤ちゃんの心と脳の育て方
7 月齢別 心と体の気がかりQ&A
8 健診と予防接種
9 病気のホームケアと事故の応急処置
10 赤ちゃんの病気
11 ママの心の悩み解決セラピー
12 ワーキングママのための基礎知識











掲示板治療と予防
http://diseaseinfomation.seesaa.net/
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報

胃がん 大腸がん 肺がん 乳がん 子宮がん 白血病 肝炎 脳梗塞 うつ病 心筋梗塞 高血圧 更年期障害 リウマチ 腰痛 椎間板ヘルニア 白内障 歯周病 アトピー性皮膚炎 水虫 痔 感染症 糖尿病 メタボリックシンドローム 生活習慣病 ストレス






掲示板妊娠の情報 妊娠の掲示板

掲示板治療と予防の掲示板

掲示板病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事の掲示板






<勉強したい中学生さんへ>
中学生の勉強法と高校受験対策
治療中学生向けのメールマガジン
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。

中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して高校受験対策をする無料メールマガジンです。将来の進路に役立つ面白い話題(画像、動画)や、おすすめの参考書も紹介します。男子中学生も女子中学生も高校受験生も保護者様もぜひご覧ください。






治療中学入試の受験対策掲示板

治療高校入試の受験対策掲示板

治療大学入試の受験対策掲示板






掲示板小さな幸せ

掲示板ありがとう






りんご病は、ヒトパルボウイルスB19によって起こる発疹性疾患です。

医師が直面する患者トラブルの予防と解決法

医師が直面する患者トラブルの予防と解決法
医師が直面する患者さんトラブルの予防と解決法
治療「患者さんトラブル 予防・解決Q&A」

<本の内容>
医師が直面するトラブルは「医療行為」に関するものだけではない。モンスターペイシェントへの対応,医療費の未収集,患者からのさまざまな質問など,解決すべきトラブルは多岐に渡る。本書は,いざ起こったときにお手本とするマニュアルがなく,しかも頻回に起こりうるトラブルを集め,その予防法・解決法を伝授する書籍である。
「ERで死亡した患者さんの身元が不明」「医療ミスの発生」「患者さんが輸血を拒否している」などのトラブルは,若手・ベテラン,開業医・勤務医を問わず襲ってくる。これらのトラブルは正しく対処しなければならないのはもちろん,解決に至るまでのスピードが大事であることはいうまでもない(最悪の場合,訴訟に発展することさえ考えられる)。本書は実際に起こった100例のトラブルを,Q&A方式で見やすく示している。また,解説も充実しており,じっくり読み込んで深い知識を得ることもできる。
厄介なトラブルが発生したときにかならず役立つ,医師必携の1冊である。

<目次>
一般外来での患者さんトラブル
トラブル
・一般的なクレーム対応のスキームを教えてください。患者さんからクレームがきたら,どう対応すべきですか?
・担当の理学療法士が,患者さんに殴られるという院内暴力が発生しました。興奮している患者さんにどのように対応したらいいですか?
・ある入院患者さんに,違う患者さんの経口薬が渡されていました。患者さんが内服して嘔気を訴えたので誤投与がわかったのですが,どう対応すればいいでしょうか?
・在宅医療を受けている末期癌の患者さんが死亡していたと,看護師から連絡がありました。担当医はどうすればいいですか?
・いつもトラブルを起こす患者さんの診察を拒否することはできますか?
・手術の必要がある患者さんから,宗教上の理由から輸血はしないでくれと言われました。どうすればいいですか?
・小児の患者さんの体にあざがあります。不自然な場所ですが,親子の関係は悪くなさそうに見えます。虐待かどうかわからないのですが,どうすればいいですか?
・未成年の患者さんに処置を施すときには,かならず保護者からの同意を得なければなりませんか?
・「カルテを見せてくれ」「カルテをコピーしたい」と言ってくる患者さんがいます。言われるままに見せるべきですか?
・飛行機内でドクターコールがあったら,どうするべきでしょうか? もし自分がかかわってなにかあったらと想像すると不安です。
・新聞にも取り上げられた大事件に巻き込まれた患者さんが死亡しました。遺族との対応で気をつけることはなんですか?
・患者さんを処置中,「針刺し」をしてしまいました。対処方法を教えてください。

相談/問診/手続き
・来院しなくなった患者さんのカルテやエックス線写真などはいつまで保管しなければなりませんか?
・患者さんを対象にしたアンケート調査を行うには,どのような手続きが必要ですか?
・認知症患者さんの施設入所を検討していますが,身寄りがいません。どのような手続きを取ればいいですか?
・患者さんがセカンドオピニオンを希望していますが,当院より規模の大きい施設はありません。説得して紹介状を書かないようにしてもよいですか?
・医療費を支払わない(踏み倒した)患者さんがいます。どのように対応すればいいですか?
・外国人の患者さんが来院しましたが,健康保険証をもっていないようです。どのように請求すればいいか教えてください。
・外国人の患者さんがよく来る病院に転勤しました。外国人の患者さんを診るときに注意することはありますか?
・患者さんがどこからか手に入れた診療ガイドラインを持ってきて「ガイドライン通りにやってください」と言われました。患者さんのためにいろいろ考えて治療しているのですが,どうしたらいいですか?
・高齢の女性患者さんが飛行機でヨーロッパ旅行に行くようです。医学的に注意すべき点はなんですか?
・海外旅行帰りの患者さんが発熱と下痢を訴えて来院しました。まずなにを疑うべきですか?
・高齢患者さんが登山を始めるといっていますが,医学的に注意すべき点はなんですか?
・代替医療や健康食品の併用を希望する患者さんがいるのですが,どのようにアドバイスしたらいいですか?
・糖尿病患者さんに「ダイエットでよくみる糖質制限食って本当に効果あるんですか」と聞かれました。どのように答えればいいですか?
・生まれてきた一卵性双生児の一方の子どもが遺伝性疾患であることがわかりました。子どもの母親から,「もう一方の子どもも同じ病気を発病する可能性はあるのか」と相談されました。遺伝性疾患が発症する可能性はどのくらいなのですか?
・患者さんから「夫が躁うつ病なのですが,息子も発症する可能性は高いですか」と相談されました。精神疾患が遺伝的に発症する可能性はどのくらいなのですか?
・「両親が癌で亡くなっていますが,自分も遺伝して癌を発症するのでしょうか」と相談されました。癌が遺伝的に発症する可能性はどのくらいなのですか?
・健康診断を受診した患者さんから「生活習慣病は遺伝しますか」と相談されました。どのように答えればいいですか?
・女性の患者さんから「いとこと結婚するが,近親婚では子どもに遺伝病が発病すると聞くので心配」と相談されました。近親婚の場合,遺伝性疾患が発症する可能性はどのくらいなのですか?
・女性の患者さんから「市販の遺伝子検査キットで検査したところ,乳癌になる可能性が非常に高い結果が出たので,乳房を切除したい」と言われました。どうすればよいのですか?
・血液検査を受けた患者さんから「性格は血液型によって決まるんですか」と質問されました。どのように答えればいいですか?
・産後の患者さんから「生まれた赤ちゃんの血液型を知りたい」と相談されました。新生児では血液型がはっきりしないと聞きましたが,どうなのですか?
・出産された患者さんのご主人から「生まれてきた子どもの血液型が夫婦の血液型と一致しない」と相談されました。どのような可能性が考えられますか?
・不妊治療中の女性患者さんから「高齢になるほど卵子が老化して染色体異常が起こりやすいのですか」と相談されました。染色体異常が起こる可能性はどのくらいですか?
・妊娠中の患者さんが,お腹が圧迫されるのでシートベルトをしていないと話しています。妊娠中はシートベルトをしなくても問題ないですか?
・「子どもがチャイルドシートをどうしても嫌がる。しょうがないので抱っこして自動車に乗車していますが,危険でしょうか」と聞かれました。どのように答えればいいですか?
・インフルエンザに罹患した子どもが昨日ようやく解熱したのですが,保護者から「すぐ学校に行かせたい」と申し出がありました。許可していいですか?
・震災以降,子どもの放射線被ばくを心配される保護者からよく相談されます。どう答えればいいですか?
・食物アレルギーがある生徒さんに対して,学校ではどのようなことに気をつけるべきですか?
・脳出血の治療を受けて1週間前に退院した患者さんから「仕事で必要なので車を運転したい」と言われました。許可してよいですか?
・縫合した傷は,毎日消毒した方がいいのですか?
各科のエッセンス
・糖尿病の患者さんから「ライフスタイルを変えるため運動を始めたい」と相談されました。いいことだと思うのですが,無条件に勧めていいですか?
・糖尿病の患者さんへの効果的な運動指導法を教えてください。
・糖尿病でインスリン注射をしている患者さんがインフルエンザにかかりました。食欲不振でなにも食べていないようですが,インスリン注射は中止すべきですか?
・糖尿病治療中の女性患者さんが妊娠しました。妊娠中の血糖コントロールで気をつけるべきことを教えてください。
・高齢の糖尿病患者さんへの治療で気をつけることを教えてください。
・甲状腺機能亢進症として,バセドウ病はよく聞きますが,他にはどのような疾患がありますか?
・認知症の疑いで高齢患者さんが来院しました。ぼーっとして元気がなく,記憶力低下もみられますが,頭部MRIでは異常なく,認知症のスクリーニングテストも正常です。なにか他の疾患は考えられますか?
・尿路結石で繰り返し来院する患者さんがいます。水分もまめに摂取しており,バランスのよい食事を摂っているそうです。なにか原因があるのですか?
・ダイエット指導をしている女性患者さんがいるのですが,確かにカロリー制限しているのに結果が出ません。なにか疾患を疑うべきですか?
・30歳代と若いにもかかわらず高血圧の患者さんがいます。低カリウム血症を呈していますが,背景に別の疾患が隠れているのですか?
・全身の脱力を訴えてきた患者さんがいます。血液検査で低カリウム血症を認めました。正しい補充の仕方を教えてください。
・療養病棟に入院中の高齢男性が意識もうろうとなりました。血液検査で低ナトリウム血症を認めました。正しい補正の仕方を教えてください。
・女性患者さんから「妊娠していないのに母乳が出る」と相談されました。どんな原因が考えられますか?
・長咳がとまらずいくつもの医療機関を受診しているという患者さんが来院しましたが,注意して診るべきポイントを教えてください。
・夜中に子どもを連れて突然来院した方から「子どもが熱っぽいのでみてほしい」と言われました。微熱だったので「とりあえず様子をみましょう」と言ったのですが,親御さんは「本当に大丈夫なんですか」と心配そうです。どうしたらいいでしょうか?
・8歳の男児が感冒様症状で近医にかかり,内服薬を使用していたとのことですが改善せず,1週間後にショック状態で救急搬送されてきました。なにを疑えばよいですか?

薬のエッセンス
・骨粗鬆症の薬を飲んだら,しばらく横になってはいけないといわれました。なぜですか?
・転んで挫創を負った患者さんが来院しました。破傷風トキソイドは接種した方がよいのでしょうか?
・感染性胃腸炎の患者さんが来院しました。抗菌薬はかならず投与すべきですか?
・内視鏡検査を受ける予定の患者さんがいるのですが,脳梗塞で倒れて以来,抗凝固薬を服用しています。このまま継続していいのですか?
・タクシーの運転手をしている患者さんが花粉症の薬を希望しています。処方に際して注意すべきことはありますか?
・ワルファリン内服者の食事で気をつけるのは納豆だけですか?
・変形性膝関節症に対して経口のサプリメントが発売されていますが,有効性はどのくらいなのですか?
・妊娠中や授乳中の女性患者さんへ処方するときの注意点を教えてください。
・小児の患者さんには解熱剤を処方しない方がいいと聞きましたが,本当ですか?
・子どもにはジュースで薬を飲んでもらっても問題ないですか?
・ステロイドの内服を始めた患者さんに白血球増加がみられます。なにか関係がありますか?
・アトピー性皮膚炎で長い間ステロイド(外用薬)を処方していた患者さんが,薬をなくして自己中断したら体調不良になったと来院しました。原因はなんですか?

予防接種
・予防接種を行った日は入浴を控えてもらった方がよいのですか?
・予防接種の同時接種って本当に大丈夫ですか?
・早産児の場合も暦通りに予防接種を受けるべきですか?
・患者さんが海外留学するのですが,渡航前に済ませておくべき予防接種はありますか?
・保護者から「子どもが予防接種を受けて副作用が出た」と言われました。どのように対処すべきですか?
・「大人の麻疹が流行っているようですが,子どもの頃に麻疹の予防接種を受けたので大丈夫ですよね」と聞かれました。免疫の持続期間は一生続くと考えていいのですか?

救急・当直での患者さんトラブル
死亡
・心肺停止状態で搬送された患者さんが死亡したのですが,身元がまったくわかりません。どうすればいいですか?
・救急搬送された患者さんが死亡,所持品からアイバンク登録証が出てきました。どのような手続きをとるべきですか?
・心肺停止状態で搬送されてきた患者さんの血液検査を行ったところ,トロポニンT陽性,CK高値でした。心筋梗塞と診断してよいのですか?
・低体温症の患者さんが運ばれてきました。心肺停止状態で,瞳孔も散大しています。これで死亡確認してもよいですか?
・警察官から死体検案を依頼されましたが,断ることはできますか?

治療
・路上に倒れていた患者さんが運ばれてきたのですが,泥酔状態で問診もできません。本人は「早く帰りたい」の一点張りです。どうしたらいいですか?
・高齢の男性が肺炎で緊急入院となりました。糖尿病の既往がない(薬を飲んでいない)にもかかわらず血糖値が低かったのですが,なにが考えられますか?
・納屋でストーブを焚きながら作業していた男性が気分不快を訴えて来院しました。まずなにを疑うべきですか?

薬物中毒
・処方された向精神薬を大量服用した患者さんが運ばれてきました。自殺の疑いがありますが,警察に届けるべきですか?
・市販薬を多量内服した患者さんが運ばれてきました。特に注意すべき薬剤はなんですか?
・睡眠薬を多量に服用しても死ぬまでは至らないと聞きましたが,本当ですか?
・インターネットで購入したハーブを吸引して意識障害になった患者さんが来院しました。どうするべきですか?
・意識障害で搬送されてきた中年の女性患者さんに対して,尿中薬毒物定性検査(トライエージDOA)を施行したところ,OPI(オピオイド)陽性と出ました。麻薬中毒と判断していいですか?
・救急患者さんに対する尿中薬毒物定性検査で覚醒剤成分が検出されました。直ちに警察に届けるべきですか?

検査室での患者さんトラブル
採血
・日常臨床検査項目で,日内変動が大きく,採血時間の影響が問題となる項目にはどのようなものがありますか?
・患者さんに採血をしましたが,休日で検査が後日になりました。検体はどのように保存するべきですか?
・大腸癌患者さんの血液型検査でおもて試験とうら試験の結果が一致しません。どうしてですか?
・細菌性肺炎の患者さんで血液培養を行った結果,グラム陽性菌が検出されました。CRPが2前後とさほど上昇していませんが,このようなことがありますか?
・膵臓癌の患者さんにCA19-9測定をしましたが,低値です。なぜですか?
・CEAが高値を示した患者さんに各種検査を行いましたが,癌が見つかりませんでした。このようなことがありますか?

画像
・造影CT検査を行いますが,造影剤投与前に服用を控えた方がいい薬はありますか?
・女性の患者さんが「妊娠しているのを知らずにエックス線検査を受けた,被ばくしたので中絶したい」と強く言ってきました。どうすればいいですか?

内視鏡
・内視鏡検査を受けたすぐ後に,仕事に戻って車を運転するという患者さんがいます。運転を許可していいですか?

呼気試験
・ヘリコバクター・ピロリ菌感染が疑われるため,尿素呼気検査を行う予定です。検査前に気をつけなければいけないことはありますか?






掲示板治療と予防
http://diseaseinfomation.seesaa.net/
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報

胃がん 大腸がん 肺がん 乳がん 子宮がん 白血病 肝炎 脳梗塞 うつ病 心筋梗塞 高血圧 更年期障害 リウマチ 腰痛 椎間板ヘルニア 白内障 歯周病 アトピー性皮膚炎 水虫 痔 感染症 糖尿病 メタボリックシンドローム 生活習慣病 ストレス






掲示板治療と予防の掲示板

掲示板病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事の掲示板






<勉強したい中学生さんへ>
中学生の勉強法と高校受験対策
治療中学生向けのメールマガジン
バックナンバーの最新号が、無料購読できます。

中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して高校受験対策をする無料メールマガジンです。将来の進路に役立つ面白い話題(画像、動画)や、おすすめの参考書も紹介します。男子中学生も女子中学生も高校受験生も保護者様もぜひご覧ください。






治療中学入試の受験対策掲示板

治療高校入試の受験対策掲示板

治療大学入試の受験対策掲示板






掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう






強迫性障害

強迫性障害 克服
強迫性障害
治療「実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則」

<本の内容>
著者の強迫性障害の体験を基に、克服の方法や、この障害との付き合い方などを40の鉄則に分かりやすくまとめられています。相談者や著者自身の体験談、そこから導き出された鉄則は、強迫性障害に苦しむ本人だけでなく、その家族にとっても、不可解な強迫性障害の特徴を捉え、障害と闘っていくうえでの勇気を与えてくれると思います。

<目次>
第1章 強迫性障害(OCD)とは、および強迫性障害のメカニズム・フローチャート
強迫性障害(OCD:Obsessive-Compulsive Disorder)とは
強迫性障害のメカニズム・フローチャート

第2章 強迫性障害の症例
症例1:Aさん(28歳、男性)
症例2:Bさん(57歳、女性)
症例3:Cさん(55歳、女性)
症例4:恐怖の仏壇掃除
症例5:テレビに向かって謝っていた

第3章 強迫性障害克服の鉄則
鉄則1:強迫観念の言っていることは真っ赤なウソである
鉄則2:戦えば戦うほど、相手は戦力を増強する
鉄則3:大きなものを克服すれば、それ以下のものは気にならなくなる
鉄則4:強迫行為を繰り返すことは、まさにアリ地獄の中に放り込まれるようなもの
鉄則5:強迫行為を我慢することは想像以上に難しいことを予め十分認識しておく必要がある
鉄則6:今、やろうとしていることが強迫行為かどうか迷うようであれば、それは強迫行為である
鉄則7:少なくとも、強迫行為をしようかどうか迷った時はしない方がよい
鉄則8:強迫観念に負けてもまたやり直せばよい
鉄則9:大事なことは体感することであって、理屈で納得しようとすることではない
鉄則10:手洗いや確認は一回、最大でも二回までとし、それ以上はどんなに強い衝動に駆られても行ってはいけない
鉄則11:強迫観念が襲ってきても決して慌てないこと。そして、強迫行為をすぐに行わず、少なくとも時間を置くこと
鉄則12:神仏はバチなど当てられない
鉄則13:考えてはいけない。頭の中であれこれ考えたり、回想したりしないこと。考えれば考えるほど正解から遠ざかる
鉄則14:完璧を求めてはいけない。八〇%で満足し、残りの二〇%を貪ってはいけない
鉄則15:強迫性障害に陥る人は、その時の状況を自分に不利なように解釈しがちになることを心得るべき
鉄則16:強迫観念を無視しても、恐れているようなことは何も起こらない
鉄則17:強迫観念は何を囁けば、本人が嫌がるかを知っている
鉄則18:安心しようとして行う行為は必ず新たな不安を生み出す、つまり、強迫観念は飛び火する
鉄則19:とにかくやってみてください。いつまでも逃げ回っているつもりですか?
鉄則20:いい意味での諦めが必要
鉄則21:不潔恐怖には線引きが必要
鉄則22:強迫性障害は一言で言えば、間違った思い込みである
鉄則23:強迫観念は、何がなんでも本人に疑念を植え付けようとしてくるから気をつけて!
鉄則24:同じところ、気になる箇所を何度も見てはいけない
鉄則25:確認を一回で終わらせられるかもしれないコツ
鉄則26:数字にこだわらない
鉄則27:被害者意識を捨てるべし
鉄則28:最初は視界に入らないように努力をする(知らぬが仏ということもある)
鉄則29:かすかながらでも大丈夫ではないか、何となく大丈夫ではないかと感じたら大丈夫である
鉄則30:頭脳作業よりも肉体作業の方が効果的かも
鉄則31:小さな一歩は大躍進への一歩である
鉄則32:強迫観念に怯えることは、幽霊やお化けに怯えるようなものである
鉄則33:不潔恐怖は少しずつ減らしていくやり方の方がよいかも
鉄則34:にっちもさっちもいかない状況の時は日を改める柔軟性も必要
鉄則35:限界まで強迫行為をやってみるのも一つの方法かも
鉄則36:どれだけ疲れ果てたとしても、強迫観念は攻撃の手を緩めてはくれないことを認識すべし
鉄則37:使えるものは何でも使う(私を救ってくれた二冊の本)
鉄則38:家族はどういう協力をすればよいのか
鉄則39:無条件に信じて突き進んでください
鉄則40:決して希望を失わないで!

第4章 強迫性障害克服のためのワークブック
あなたが本当に恐れていることは何ですか?
不安階層表の活用






(#)強迫性障害 – Wikipedia
強迫性障害(きょうはくせいしょうがい、英語: Obsessive-compulsive disorder ; OCD)は、不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神疾患の一種である。強迫神経症とも呼ばれる。同じ行為を繰り返してしまう「強迫行為」と、同じ思考を繰り返してしまう「強迫観念」からなる。アメリカ精神医学会発行のDSM-IV(精神障害の診断と統計マニュアル)において、不安障害に分類されている。

(#)強迫性障害 疾患の詳細 専門的な情報 メンタルヘルス(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_compel.html
・強迫性障害とは
・強迫性障害の患者数
・強迫性障害の原因、発症の要因
・強迫性障害の症状
・強迫性障害の治療法
・強迫性障害の経過
・患者さんへのアドバイス
・研究の状況






強迫性障害克服
治療図解やさしくわかる強迫性障害

<本の内容>
手を洗うのを止められない、カギをかけたか心配で外出できない、そんなあなたは強迫性障害かもしれません。本書は、強迫性障害に悩む人やその家族に向け、強迫性障害の症状、メカニズムから治療法までをマンガや図版を交えてわかりやすく解説しています。

<目次>
Part1 強迫性障害(OCD)を理解しよう
OCD経験者座談会「私たち、ここがつらかった!」
不潔恐怖・洗浄強迫
加害恐怖・確認強迫
縁起恐怖
強迫性緩慢
収集癖
不完全恐怖
疫病恐怖・洗浄強迫
懺悔恐怖
子どものOCD ほか

Part2 強迫性障害を治そう!
精神科医に相談するときのポイント
パドゥア尺度で自己チェックしてみる
重症度を判定するY-BOCS
治療に向けて、家族にできること ほか

Part3 ERP(エクスポージャーと儀式妨害)の実際
OCDと薬物療法
ERPで強迫観念を受け入れるしくみとは?
ERP 6日間プログラム
不潔恐怖・洗浄強迫の儀式妨害(水抜き)のやり方
加害恐怖・確認強迫のERP
縁起恐怖・不完全恐怖・疫病恐怖・収集癖のERP
ERP体験者からのメッセージ ほか

Part4 強迫性障害の再発の予防と対処
再発しないための生活のポイント
職場の理解と復職後の注意 ほか






治療病気の治療 予防 病気 掲示板
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/dis-index.html
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報

治療病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事の掲示板
http://makingsense.sakura.ne.jp/cgi-bin/disease/patio.cgi

治療治療と予防 ツイッター
https://twitter.com/healthofbody






掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう






ポテトチップスなどのスナック菓子に含まれるアクリルアミドの発がん性

アクリルアミドの発がん性
アクリルアミドの性質

アクリルアミド

(#)アクリルアミド






(#)アクリルアミドに関する基本的事項(環境省)
https://www.env.go.jp/chemi/report/h14-05/chap01/03/01.pdf
アクリルアミドの分子式・分子量・構造式






(#)食品に含まれているアクリルアミド(農林水産省)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/acryl_amide/a_kiso/syokuhin.html
アクリルアミドは、炭水化物を多く含む原材料を高温(120℃以上)で加熱調理した食品に含まれる可能性があります。例えば、ポテトチップス、フライドポテトなど、じゃがいもを揚げたスナックや料理、ビスケット、クッキーのように穀類を原材料とする焼き菓子などに、高濃度に含まれていることが報告されています。
コーヒー豆、ほうじ茶葉、煎り麦のように、高温で焙煎した食品にもアクリルアミドが高濃度に含まれていることが報告されています。アクリルアミドはとても水に溶けやすいため、これらから抽出したコーヒー、ほうじ茶、麦茶などの飲料にもアクリルアミドが含まれていることが確認されています。
アクリルアミドが含まれている食品は、市販の加工食品だけではありません。アクリルアミドができる仕組みには食品の加熱が関係していることから、家庭で食品を調理する場合にもアクリルアミドが生成する条件がそろえば、アクリルアミドができてしまう可能性があります。例えば、野菜の素揚げや炒めもの、手作りの焼き菓子、トーストしたパンなどにもアクリルアミドが含まれていることが確認されています。
加熱していない生の食材にはアクリルアミドは含まれていません。また、加熱調理した食品でも茹でたり、蒸したりした食品にはアクリルアミドが含まれていないか、含まれていても極微量であることが報告されています。
食品ではありませんが、私たちが接する身近なものとしてはタバコの煙にもアクリルアミドが含まれています。






(#)加工食品中アクリルアミドに関するQ&A(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2002/11/tp1101-1.html
アクリルアミドは主に紙力増強剤、合成樹脂、合成繊維、排水中等の沈殿物凝集剤、土壌改良剤、接着剤、塗料、土壌安定剤らの原料として用いられています。






アクリルアミド

ポテトチップスに含まれるアクリルアミド

アクリルアミド:スナック含有物質に発がん性…食品安全委
毎日新聞 2014年10月04日 07時10分(最終更新 10月04日 09時54分)

 ポテトチップスなどに含まれる、化学物質のアクリルアミドのリスクを評価している内閣府食品安全委員会は3日、次世代にも影響が及ぶ「遺伝毒性をもつ発がん物質」との評価案を示した。アクリルアミドに対する国内での評価は初めて。今後、メーカーでの低減策が求められそうだ。

 アクリルアミドについて、海外では2000年代初頭から、さまざまな調査結果に基づき、発がん性が認識され、消費者に注意を呼びかけている。食品安全委の化学物質・汚染物質専門調査会は、海外の動きを受けて、11年12月から独自にリスクを検討していた。

 調査会は、国内外の各種動物実験の結果から、アクリルアミドは遺伝子や染色体の構造に変化をもたらし、次世代にも影響しうる発がん物質、と評価した。

 人に関するアクリルアミドの摂取量とがんの因果関係については、海外の疫学報告からは十分な証拠は得られなかった。国立環境研究所が中心となり、日本人のアクリルアミドの摂取量を調べ、どういう人の場合、リスクが高くなるかなどを推定し、最終的な評価書をまとめる方針。

 農林水産省によると、アクリルアミドは炭水化物を多く含む原材料を120度以上の高温で揚げたり、焼いたりすると発生する。これまでの調査では多く含むものにジャガイモの加工品、ケーキ・ビスケット類、トースト、コーンスナック、コーヒーなどがある。

 アクリルアミドは家庭内の調理でも発生するため、欧州食品安全機関(EFSA)は「揚げ物は揚げ過ぎず、トーストは焦がさず軽いキツネ色に焼く」など、発がん物質を減らす方法をホームページで公開、注意を呼びかけている。

(#)内閣府食品安全委員会
http://www.fsc.go.jp






発がん物質
(#)危ない食品添加物ハンドブック






(*)治療と予防
http://diseaseinfomation.seesaa.net/
胃がん 大腸がん 肺がん 乳がん 子宮がん 白血病 肝炎 脳梗塞 うつ病 心筋梗塞 高血圧 更年期障害 リウマチ 腰痛 椎間板ヘルニア 白内障 歯周病 アトピー性皮膚炎 水虫 痔 感染症 糖尿病 メタボリックシンドローム 生活習慣病 ストレス






(#)小さな幸せ

(#)私の事典

(#)意味






ヘルパンギーナの症状と治療

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナとは夏かぜの一種で、発熱とのどにあらわれる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性咽頭炎で、乳幼児を中心に夏季に流行します。
原因となるウイルスが数種類あるため、何回もかかってしまうことがあります。

(#)ヘルパンギーナとは?
http://urx.nu/aud6
ヘルパンギーナの原因と感染経路
ヘルパンギーナの治療
ヘルパンギーナの予防のポイント











赤ちゃん・子ども病気百科
(#)最新 赤ちゃん・子ども病気百科―0-6才 (主婦の友新実用BOOKS)

1 これはどんな病気?病院へは行く?行かない?症状別赤ちゃんと子どもの病気チェックシート
2 適切なケアが回復を早めます 症状別病気のときのホームケア
3 症状・治療・ケアのすべて 症状別赤ちゃんと子どもの病気事典
これって病気?体や心の気がかりQ&A
4 写真で確認!納得・実感 目で見る病気図鑑
5 健康を守るために、しっかり受けましょう 予防接種と定期健診
6 冷静に、スムーズに対応するための予備知識 赤ちゃんの検査と入院
7 いざというときにあわてない!けがや事故の応急手当て






<私と一緒に、勉強したい中学生さんへ>
中学生の勉強法と高校受験対策
意味中学生向けのメールマガジン

中学生の勉強(数学、英語、理科、国語、社会)のコツや、中間テスト・期末テストの対策や、高校入試問題を通して高校受験対策をする無料メールマガジンです。将来の進路に役立つ面白い話題(画像、動画)や、おすすめの参考書も紹介します。男子中学生も女子中学生も高校受験生も保護者様もぜひご覧ください。






意味中学入試の受験対策掲示板

意味高校入試の受験対策掲示板

意味大学入試の受験対策掲示板






掲示板小さな幸せ

掲示板私の事典

掲示板ありがとう

掲示板意味と目次






神経内科学 掲示板


(*)メディカルスタッフのための神経内科学

「神経内科は難しい」「神経内科の良い教科書がほしい」という声に応えたメディカルスタッフのための神経内科学テキスト.
神経内科は,パーキンソン病などの神経変性疾患から高次脳機能の認知神経科学までを含む広範な領域を守備範囲としている.本書ではまず第1章を読むことにより,その成り立ち,特に難解といわれている高次脳機能障害についての理解が進み,神経内科が身近に感じられるようにした.そして「神経症候」に注目し,「検査・評価」,「神経疾患」を学習・理解し,「リハビリテーション」を実施するという展開で組み立てられている.
「神経疾患」については具体的な症例を提示し,ポイント解説,系統講義という組み立てとし,メディカルスタッフの方々が考えながら理解できるように企画されている.
さらには臨床に不可欠な生きた神経内科の実践情報やピットフォールというコラムでは,日常臨床で知っておきたい,知っておくと役立つ一口知識・情報を随所に設けている.

<内容、目次>
第1章 神経内科学を学ぶにあたって
 1 神経内科学とは(河村 満・岡本 保)
  はじめに
  わが国神経内科の歴史
  欧米神経内科の歴史(岡本 保による)
   1.19世紀の臨床神経学
   2.古代から中世にかけて
   3.中世ローマ時代とルネサンス
   4.17世紀
   5.18世紀
   6.19世紀
  おわりに
 2 神経内科学と神経心理学(山鳥 重)
  はじめに
  神経心理学的症候の性質
  神経心理症候群には神経基盤がある
  神経心理症候の発生メカニズム
  神経心理学症候解釈の理論的問題
第2章 まずは「神経症候」に注目する
 1 意識障害・失神・めまい(中島雅士)
  概念
  意識障害
   1.正常な意識と意識障害の評価
   2.意識障害の臨床診断
   3.意識障害の原因と臨床検査
  失神
   1.失神の病態と原因
   2.失神の臨床検査
  めまい
   1.めまいの鑑別診断
   2.良性発作性頭位めまい
   3.中枢性めまい
 2 脳神経(加藤大貴)
  概念
  I:嗅神経
  II:視神経
   1.視力
   2.瞳孔
   3.視野
  III:動眼神経, IV:滑車神経, VI:外転神経
  V:三叉神経
  VII:顔面神経
  VIII:聴神経
  IX:舌咽神経, X:迷走神経
  XI:副神経
  XII:舌下神経
 3 構音・嚥下,球麻痺症候(武田景敏)
  概念
   1.構音障害
   2.嚥下障害
   3.球麻痺
  構音障害の診かた
   1.自発話
   2.母音の引き伸ばし
   3.単音節の繰り返し
   4.3音節の繰り返し
   5.復唱・音読
  嚥下障害の診かた
  補助検査
   1.反復唾液飲みテスト
   2.3mL水飲みテスト
   3.食物テスト
   4.嚥下内視鏡検査
 4 運動麻痺(近藤正樹)
  概念
  運動麻痺の診かた
   1.上位運動ニューロン障害,下位運動ニューロン障害での運動麻痺
   2.運動麻痺の分布
   3.評価方法
 5 運動失調(川合圭成)
  概要
  病変部位と臨床的特徴
   1.深部感覚障害性運動失調
   2.小脳性運動失調
   3.前庭性運動失調
  運動失調の診かた
   1.言語・眼振
   2.四肢の運動失調
   3.立位,座位,歩行障害
   4.筋緊張低下
   5.深部感覚障害
  評価尺度・検査
   1.評価尺度
   2.神経伝導検査
   3.画像検査
  症状から鑑別診断へのフローチャート
 6 錐体外路症候(南雲清美)
  概念
  錐体外路系の神経核と線維連絡
   1.神経核
   2.線維連絡
  錐体外路症候
   1.無動(akinesia)
   2.筋強剛
   3.筋緊張減退
   4.姿勢異常
   5.運動亢進(不随意運動)
 7 姿勢保持障害と姿勢異常(菊池雷太)
  概念
  姿勢異常の診かた
  分類
 8 筋萎縮(市川博雄)
  概念
  筋萎縮の診かた
   1.筋原性筋萎縮
   2.神経原性筋萎縮
   3.廃用性筋萎縮
  補助検査
   1.血液検査
   2.針筋電図
   3.神経伝導検査
   4.画像検査
   5.生検
   6.遺伝子検査
 9 歩行障害(近藤正樹)
  概念
  歩行障害の診かた
   1.片麻痺性歩行
   2.痙性対麻痺の歩行
   3.パーキンソン歩行
   4.小刻み歩行
   5.運動失調性歩行
   6.偏倚歩行
   7.踵打ち歩行
   8.酩酊歩行
   9.ジストニアおよびアテトーゼでの歩行
   10.下肢近位筋障害による歩行障害
   11.鶏状歩行
   12.間欠性跛行
   13.歩行失行
   14.ヒステリー性歩行
   15.その他
  三次元動作解析による歩行解析
 10 感覚障害・痛み(亀山 隆)
  概念
  体性感覚の種類とその特徴および検査法
   1.痛覚と温度覚(温痛覚)
   2.触覚
   3.深部感覚
   4.複合感覚
  感覚の伝導路
  感覚神経伝導路の配列パターン
  頭頂葉感覚皮質および視床感覚中継核での体性部位局在
  病変部位と感覚障害の分布の特徴
  痛みの分類
  神経障害性疼痛をきたす代表的原因疾患
 11 睡眠障害(宮本雅之・宮本智之・平田幸一)
  はじめに
  睡眠障害へのアプローチ
  不眠
  過眠
  睡眠中の随伴症状(異常現象)
   1.睡眠時随伴症群
   2.睡眠関連運動障害群
   3.睡眠関連呼吸障害群
  睡眠をとる時間帯の問題
  睡眠障害の評価法と診断
  おわりに
 12 自律神経症候(朝比奈正人)
  概念
  自律神経症候の診かた
   1.心循環系の症候
   2.排尿・消化管の症候
   3.瞳孔の症候
   4.皮膚の症候
  補助検査
   1.起立負荷試験
   2.24時間血圧測定
   3.食事負荷試験
   4.排尿機能検査
 13 精神症候(小早川睦貴)
  概念
  精神症候の診かた
   1.うつ
   2.アパシー
   3.不安
   4.幻覚
   5.妄想
   6.徘徊
   7.せん妄
   8.社会行動障害
 14 高次脳機能障害(高橋伸佳)
  はじめに
  言語の障害
   1.失語
   2.単一言語様式の障害
  行為の障害
   1.失行
   2.道具の強迫的使用および関連症状
  認知の障害
   1.視覚性失認
   2.視空間失認
  記憶の障害
  無視症候群
   1.外空間(半側空間無視)
   2.自己身体
  脳梁離断症候群
  注意障害
  遂行機能障害
第3章 神経内科学で必要な検査・評価とは
 1 画像診断(金野竜太)
  はじめに
  基礎解剖
  CT
   1.頭部CT
   2.骨格筋CT
  MRI
   1.頭部MRI
   2.脊髄MRI
   3.骨格筋MRI
  超音波検査
  核医学検査
  おわりに
 2 電気生理学的検査(桑原 聡)
  神経系の電気生理学的検査とは
  脳波
   1.意識障害
   2.てんかん
   3.脳死判定
  神経伝導検査
   1.手根管症候群
   2.ギラン・バレー症候群
   3.糖尿病性神経障害
  反復刺激誘発筋電図
   1.重症筋無力症
   2.ランバート・イートン筋無力症様症候群
  筋電図
 3 病理学的検査法(石原健司)
  はじめに
  剖検から病理診断に至る流れ
   1.ブレインカッティング
   2.組織の切り出しから包埋,染色まで
   3.組織標本の観察
   4.CPCと病理学的診断
  診断に必要な代表的な病理所見
   1.アルツハイマー病
   2.パーキンソン病とレヴィ小体型認知症
   3.脊髄小脳変性症(多系統萎縮症)
   4.筋萎縮性側索硬化症(ALS)
 4 心理・知能検査(緑川 晶)
  はじめに
  心理検査の選定方法
  テストの種類
   1.スクリーニング検査
   2.知能検査
   3.記憶検査
   4.言語検査
   5.遂行機能(前頭葉機能/注意機能)検査
  おわりに
 5 障害評価(宮澤由美)
  「リハビリテーション評価」とは
  運動機能や感覚系評価
  高次脳機能評価
  ADL評価
第4章 実際に「神経疾患」を理解する
 1 脳血管障害(栗城綾子)
  症例1 アテローム血栓性脳梗塞患者の経過とポイント
  症例2 心原性塞栓症,アルテプラーゼ療法施行例の経過とポイント
  系統講義
   1.脳梗塞
   2.一過性脳虚血発作
   3.脳出血
   4.くも膜下出血
 2 認知症(稗田宗太郎)
  症例 ある認知症患者の経過とポイント
  系統講義
   1.認知症の概念と定義
   2.認知症の疫学
   3.アルツハイマー型認知症(Alzheimer’s disease:AD)
   4.血管性認知症(vascular dementia:VaD)
   5.レヴィ小体型認知症(dementia with Lewy body:DLB)
   6.前頭側頭型認知症(frontotemporal dementia:FTD)
 3 脳腫瘍・頭部外傷(板倉 徹)
  [脳腫瘍]
  症例1 ある良性腫瘍患者(40歳代,女性)の経過とポイント
  系統講義
   1.概論
   2.神経膠腫 グリオーマ
   3.髄膜腫
   4.小脳橋角部腫瘍
   5.転移性脳腫瘍
  [頭部外傷]
  症例2 外傷による頭部外傷(20歳代,男性)の経過とポイント
  系統講義
   1.頭部外傷の分類
   2.頭部外傷の診断
   3.頭部外傷各論
   5.頭部外傷後遺症
 4 中枢神経感染症(加藤大貴)
  症例1 細菌性髄膜脳炎に硬膜下膿瘍を合併した60歳男性例の経過とポイント
  症例2 単純ヘルペス脳炎を呈した61歳男性例の経過とポイント
  系統講義
   1.腰椎穿刺結果の評価
   2.細菌性髄膜炎の症状
   3.細菌性髄膜炎に対する,抗生物質による薬物療法
   4.細菌性髄膜炎の合併症
   5.単純ヘルペス脳炎の診断
   6.単純ヘルペス脳炎の薬物療法
   7.単純ヘルペス脳炎の合併症
 5 パーキンソン病(村上秀友)
  症例 あるパーキンソン病患者(男性)の経過とポイント
  系統講義
   1.パーキンソン病の疫学
   2.パーキンソン病の原因と病理
   3.パーキンソン病の症状
   4.パーキンソン病の鑑別疾患
   5.パーキンソン病の検査所見
   6.パーキンソン病の治療
   7.パーキンソン病の予後
 6 パーキンソニズム・不随意運動症(井上 学)
  症例1 本態性振戦患者の経過とポイント
  症例2 糖尿病性舞踏病患者の経過とポイント
  症例3 薬剤性パーキンソニズム患者の経過とポイント
  系統講義(何を,どう診たらよいのか)
   1.振戦(tremor)
   2.アテトーシス(アテトーゼ)
   3.舞踏病(chorea)
   4.バリズム(ballism)
   5.ジストニア(ジストニー)
   6.ミオクローヌス(myoclonus)
   7.チック(tic)
   8.スパズム(spasm)
   9.筋痙攣(muscle cramp)
   10.ジスキネジア(dyskinesia)
 7 てんかん(赤松直樹)
  症例1 全身痙攣発作患者(女性)の経過とポイント
  症例2 前兆のある意識減損発作患者の経過とポイント
  系統講義
   1.てんかんの定義・分類
   2.てんかんの疫学
   3.てんかんの原因
   4.てんかんの治療
   5.抗てんかん薬服用上の注意点と副作用
   6.日常生活での指導
   7.てんかん発作重積状態
 8 頭痛・めまい(加藤大貴)
  症例1 くも膜下出血患者(70歳男性)の経過とポイント
  症例2 めまいを主訴に発症したワレンベルク症候群の経過とポイント
  系統講義[頭痛]
   1.頭痛のメカニズム
   2.緊急性を要する頭痛の特徴と疾患
  系統講義[めまい]
   1.めまいのメカニズム
   2.めまいの性状
   3.末端性めまいと中枢性めまいの鑑別
   4.中枢性めまい(脳卒中によるめまい)の特徴
   5.末梢性めまいの特徴
 9 脊髄小脳変性症(武田景敏)
  症例1 ある遺伝性脊髄小脳変性症患者(男性)の経過とポイント
  症例2 ある孤発性脊髄小脳変性症患者(女性)の経過とポイント
  系統講義
   1.疫学
   2.病理
   3.病態生理
   4.症状
   5.鑑別疾患
   6.検査所見
   7.治療
   8.予後
 10 運動ニューロン疾患(市川博雄)
  症例 左上肢の脱力で発症したALS患者の経過とポイント
  系統講義
   1.MNDとALSの概念
   2.筋萎縮性側索硬化症 amyotrophic lateral sclerosis(ALS)
   3.その他のMND
 11 脱髄性疾患(武田景敏)
  症例1 ある多発性硬化症患者(女性)の経過とポイント
  系統講義
   1.多発性硬化症(MS)
   2.疫学
   3.病理
   4.症状
   5.鑑別疾患
   6.検査所見
   7.治療
   8.予後
   9.急性散在性脳脊髄炎(ADEM)
  症例2 ギラン・バレー患者(男性)の経過とポイント
  系統講義
   1.ギラン・バレー症候群
   2.慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー
 12 脊椎脊髄疾患(安藤哲朗)
  症例1 ある頸椎症の患者(男性)の経過とポイント
  系統講義
   1.頸椎症
   2.頸椎椎間板ヘルニア
   3.脊柱靭帯骨化症
   4.腰椎椎間板ヘルニア
   5.腰部脊柱管狭窄症
   6.脊髄血管障害
   7.脊髄空洞症
   8.脊髄腫瘍
   9.脊髄炎
 13 中毒性疾患(高橋伸佳)
  症例 一酸化炭素中毒の経過とポイント
  系統講義
   1.神経系を障害する外因性毒性物質
   2.医薬品による神経障害
 14 その他の疾患(塚田節郎・佐藤佳渚子・杉本あずさ・岩波弘明)
  [末梢神経疾患]
  症例1 ギラン・バレー症候群患者の経過とポイント
  系統講義
   1.単神経障害
   2.多発単神経障害
   3.多発神経障害
   4.自律神経障害
  [筋原性疾患(ミオパチー)]
  症例2 多発筋炎患者の経過とポイント
  系統講義(代表的筋原性疾患)
  [先天異常]
  症例3 高次脳機能発達障害がみられる男性の経過とポイント
  系統講義
   1.中枢神経の 発達障害
   2.形態形成の障害(先天奇形)
   3.神経皮膚症候群(母斑症)
   4.染色体異常
   5.妊娠期の障害
  [代謝性疾患]
  症例4 低血糖発作患者の経過とポイント
   1.血糖値異常(急性期)
   2.糖尿病(慢性期)
   3.電解質異常
   4.肝疾患
   5.腎疾患
   6.肺疾患
第5章 このリハビリテーションが重要
 1 脳血管障害のリハビリテーション(横山絵里子)
  はじめに
  脳血管障害のリハの流れ
   1.評価
   2.目標設定,計画
   3.患者,家族教育
   4.各時期のリハ:いつから,何を行うか
  リハ訓練の実際
   1.運動・ADLのリハ
   2.嚥下障害のリハと栄養管理
   3.排尿障害
   4.中枢性疼痛
   5.骨粗鬆症
 2 パーキンソン病のリハビリテーション(新井雅信)
  概念,疫学
  症候学
  障害評価
  リハビリテーション
 3 脊髄小脳変性症のリハビリテーション(新井雅信)
  概念,疫学
  症候学
  障害評価
  リハビリテーション
 4 筋萎縮性側索硬化症のリハビリテーション(新井雅信)
  概念,疫学
  症候学
  障害評価
  リハビリテーション
 5 多発性硬化症のリハビリテーション(新井雅信)
  概念,疫学
  症候学
  障害評価
  リハビリテーション
 6 認知リハビリテーション(穴水幸子・三村 將)
  認知リハビリテーションとは
  認知リハビリテーションの神経回復機構
  認知リハビリテーションの実際
  記憶障害のリハビリテーション
   1.記憶障害のリハ―介入技法
   2.記憶障害のリハ―症例紹介
   3.認知症における記憶リハビリテーション
  適切に認知リハビリテーションを行うには
第6章 在宅往診をするために(塩田純一)
  はじめに
  訪問診療をいつから始めるか
  在宅医療への準備
  在宅リハビリテーションの展開
  在宅医療に求められるもの
  後方支援病院
  おわりに
第7章 認知症の介護をするために(望月寛子)
  中核症状を理解する
  症状に合わせた介護
  認知症者のADL,IADLレベルを把握する
  IADLレベルに合わせた介護
  介護の中で認知リハビリテーション
  新しい感覚で行う介護とリハビリテーション
第8章 身体障害者・高次脳機能障害診断書はこう書く(村上秀友)
  肢体不自由
   1.身体障害者(肢体不自由)診断書の書き方
  高次脳機能障害
   1.精神障害者保健福祉手帳診断書の書き方

 ピットフォール
  ・パーキンソン病とパーキンソン症候群(村上秀友)
  ・認知リハビリテーションにおける重要な点(穴水幸子)
  ・筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)と認知症(市川博雄)
  ・筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)と失語(市川博雄)
  ・発達障害と認知症(緑川 晶)
  ・電気生理学的検査のピットフォール(中島雅士)
  ・認知リハビリテーションこぼれ話─認知リハビリテーション研究会の歴史といま─(穴水幸子)
  ・画像診断と病理診断(石原健司)
  ・パーキンソン病と表情(鶴谷奈津子)
  ・認知症の食行動異常(杉本あずさ)
  ・間欠性跛行(安藤哲朗)
  ・首下がりと腰曲がり(亀山 隆)
  ・回復期リハビリテーションの意義(宮澤由美)






(*)「医学書」
・基礎医学
・臨床医学一般
・臨床内科
・臨床外科
・泌尿器科学
・産科・婦人科学
・小児科学
・老年医学
・皮膚科学
・眼科学
・耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学
・救急医学・集中治療
・麻酔科学・ペインクリニック
・放射線医学・核医学
・がん・腫瘍
・整形外科学
・リハビリテーション医学
・精神医学
・伝統医学・東洋医学
・歯科学
・薬学
・看護学
・医療技術
・臨床医学






(*)治療と予防
http://diseaseinfomation.seesaa.net/
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報
胃がん 大腸がん 肺がん 乳がん 子宮がん 白血病 肝炎 脳梗塞 うつ病 心筋梗塞 高血圧 更年期障害 リウマチ 腰痛 椎間板ヘルニア 白内障 歯周病 アトピー性皮膚炎 水虫 痔 感染症 糖尿病 メタボリックシンドローム 生活習慣病 ストレス







(*)「風景画」







(*)癒しの音楽CD

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
(*)1日10分の自宅療法 おなら体質改善14日間プログラム
http://bit.ly/T4Riv9
・便秘がちでおならの臭い、多さ、お腹が張って悩んでいる。
・下痢がちでおならの量が多く、簡単に放屁できない。
・お腹が空いていないのに、横になったり静かな場所にいると「腹鳴り」がおきてしまう。
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

治療と予防の掲示板 神経内科学 掲示板(神経内科,神経症候,神経疾患,リハビリテーション,神経疾患)

変形性股関節症のリハビリテーション 掲示板


(*)変形性股関節症のリハビリテーション 患者とセラピストのためのガイドブック

変形性股関節症に対する手術法の変遷や工夫とともに、術後療法も大きく変わった。この間に蓄積された股関節症のリハビリテーションのノウハウを、系統立ててを紹介。

<内容、目次>
第1章 股関節の仕組みと働き
 (勝又壮一)
 1.股関節の仕組み
  A.寛骨臼・臼蓋 B.関節唇(臼蓋唇) C.関節腔・関節液 D.大腿骨頭靱帯(円靭帯) E.関節包 F.関節軟骨
 2.股関節の働き
  A.体重の支持と可動性 B.股関節の運動
第2章 変形性股関節症とは
 (勝又壮一)
 1.変形性股関節症の原因
 2.変形性股関節症の症状
  A.股関節痛 B.運動障害 C.跛行(歩き方の異常) D.下肢長差
 3.変形性股関節症の進展とそのX線像の推移
 4.変形性股関節症の治療
  A.保存療法 B.手術療法
 5.変形性股関節症の臨床成績の評価
第3章 リハビリテーションの考え方
 (土屋辰夫)
 1.股関節症の人へのメッセージ
  A.望ましくない典型その1-運動不足と肥満 B.望ましくない典型その2-運動過剰と不適切なスポーツ C.適度な運動と体重のコントロールが大切です D.痛みとの付き合い E.股関節を守る5つの原則
 ・セラピストへのメッセージ
第4章 関節を柔軟にする
 (小泉千秋)
 1.股関節のストレッチについて
  A.股関節の動き B.関節が動かなくなるのはなぜ? C.ストレッチとは D.なぜストレッチが必要なのですか?
 2.具体的な方法
  A.ポジショニング B.リラクセーション C.股関節屈曲 D.股関節伸展 E.股関節外転 F.股関節内転 G.複合運動 開排 H.股関節以外のストレッチ
 ・セラピストへのメッセージ
 ◇コラム:痛みに対するセルフケア(金 誠熙)
第5章 筋力を強化する
 (金 誠熙)
 1.股関節の筋肉
 2.股関節屈筋群の筋力強化法
  A.まずは腹筋を強化しましょう!
 3.股関節伸筋群の筋力強化法
 4.股関節外転筋群の筋力強化法
 5.股関節内転筋群の筋力強化法
 6.複合運動
  A.股関節屈曲に伴う複合運動 B.股関節伸展運動に伴う複合活動
 7.最後に
 ・セラピストへのメッセージ
第6章 歩行機能を改善する
 (土屋辰夫・金 誠熙)
 1.歩行についての基礎知識
  A.二足歩行の特徴 B.重心の移動 C.歩行中の関節の動き D.歩行中の筋肉の働き E.姿勢の影響について F.歩行中の股関節に加わる力
 2.股関節症にみられる歩行とその対策
  A.「上半身がぐらつくこと」への対策 B.「歩幅が小さいこと,腰の反りが強いこと」への対策 C.長い間の習慣で身についた姿勢への対策─「よい歩き方を獲得する7つのステップ」
 3.歩行訓練をするときの注意点
  A.歩行時間と距離 B.ローリング:足の裏を上手に使いましょう C.靴にはこだわりましょう
 ・セラピストへのメッセージ
第7章 日常生活を改善する
 (辻 融枝)
 1.自分の身体を整える
  A.身体を柔軟に保つ B.身体を支える機能を維持する C.耐久力をつける
 2.動作の仕方を工夫する
  A.椅子からの立ち上がり・座り B.床からの立ち上がり・しゃがみ C.階段
 3.日常生活における環境・道具の工夫
  A.洋式生活・和式生活 B.更衣・整容 C.入浴 D.トイレ E.就寝 F.身体間コミュニケーション
 4.家事動作,社会参加
  A.炊事 B.洗濯 C.掃除 D.買い物 E.収納 F.外出 G.自動車の運転 H.自転車 I.スポーツ
 ・セラピストへのメッセージ
第8章 水中運動のすすめ
 (相馬光一)
 1.水の特性
  A.水温 B.浮力 C.抵抗 D.静水圧
 2.水中運動の特徴
  A.水慣れ B.関節にかかる負担 C.水中運動の利点
 3.水中トレーニングの実際
  A.基本姿勢 B.立位姿勢 C.ストレッチ D.スクワット E.体幹の回旋運動 F.骨盤運動 G.ステップ動作 H.歩行 I.水泳
 ・セラピストへのメッセージ
第9章 手術後のリハビリテーション
 (金 誠熙)
 1.理学療法プログラム
  A.術前の理学療法 B.術後の理学療法プログラム C.退院時評価とホームプログラム
 2.理学療法における基本的な考え方と留意点
  A.術後理学療法の考え方 B.理学療法における留意点
 3.理学療法アプローチの実際~歩行の獲得に向けて~
  A.疼痛に対するアプローチ B.可動性を獲得するための方法 C.動作を獲得していくためのアプローチ~体幹─骨盤─股関節の連結を高めるために~
第10章 変形性股関節症における最近のトピックス
 (杉山 肇)
 1.股関節鏡手術
  A.股関節鏡の適応および鏡視下手術
 2.股関節の新しい病態
  A.大腿骨頭靱帯断裂 B.FAI(Femoroacetabular Impingement)
 3.新しい評価法と今後の課題
付録1 社会資源の紹介
 (蒔田桂子)
 1.医療費助成
  A.高額療養費制度 B.自立支援医療(更生医療)
 2.福祉・介護
  A.身体障害者手帳 B.介護保険制度
 3.補装具・日常生活用具・福祉用具の制度活用の例
 4.その他の公的制度
  A.傷病手当金 B.公的年金 C.雇用保険
付録2 食事療法
 (土屋辰夫)
 1.肥満について
 2.必要摂取カロリーと食品
 3.骨を元気にするのは運動とカルシウムの摂取






(*)「医学書」
・基礎医学
・臨床医学一般
・臨床内科
・臨床外科
・泌尿器科学
・産科・婦人科学
・小児科学
・老年医学
・皮膚科学
・眼科学
・耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学
・救急医学・集中治療
・麻酔科学・ペインクリニック
・放射線医学・核医学
・がん・腫瘍
・整形外科学
・リハビリテーション医学
・精神医学
・伝統医学・東洋医学
・歯科学
・薬学
・看護学
・医療技術
・臨床医学






(*)治療と予防
http://diseaseinfomation.seesaa.net/
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報

老年看護学 掲示板


(*) 老年看護学

看護援助がどうあるべきかを健康生活モデルを軸にして,分かりやすく提示したテキスト

<内容、目次>

第1章 高齢者の健康生活とは(太田喜久子)
 1 高齢社会に生きる高齢者
  1)高齢社会
  2)生涯発達からみた高齢者
   (1)エリクソン,EHによる発達課題
   (2)ペック,Rによる発達課題
 2 高齢者を理解する視点
  高齢者はどのような存在か
   (1)独自の,二つとない生き方をしてきた歴史をもつ
   (2)自立と依存のバランス状態にある
   (3)徐々に機能衰退するプロセスにある
   (4)生命へ向き合う
   (5)その人なりの人生の統合を行う
 3 高齢者の健康生活状態の捉え方-健康生活モデル
  1)『健康生活モデル』の意味
  2)生活とは何か
  3)高齢者の『健康生活モデル』
   (1)『健康生活モデル』の構造
   (2)『健康生活モデル』の構成要素
   (3)構成要素間の関係
  4)高齢者の『健康生活モデル』の捉え方
   (1)健康生活の全体性
   (2)健康生活の個別性
   (3)健康生活の継続性-生活環境,場による変化と継続性
 4 健康生活の全体と健康による変化
  1)『健康生活の全体』を変容させるもの
   (1)経年的変化
   (2)生活の場,生活環境の変化
   (3)健康レベルによる変化
  2)健康レベルによる変化と看護援助の方向性
 5 高齢者の健康生活モデルによる全体像の把握例
  1)Aさんの『健康生活の全体』
   (1)核になるもの
   (2)生きている
   (3)暮らしている
   (4)より豊かに生きる
  2)Aさんの健康生活の全体像
第2章 生活と場(水野敏子)
 1 生活環境の特徴,変化と健康生活への影響
  1)生活環境からみた生活の成り立ち
   (1)環境とは
   (2)地域の特徴と生活
   (3)生活環境と健康生活
 2 生活の場と看護ケアの特徴
  1)自宅
   (1)家族形態による特徴
   (2)住居の形態による特徴
   (3)在宅での看護ケアの特徴
  2)ケア機能をもつ生活の場―高齢者の自立度が高い場合
   (1)有料老人ホーム,高齢者専門賃貸住宅
   (2)軽費老人ホーム(ケアハウス)
   (3)養護老人ホーム
   (4)ケア機能をもつ生活の場における看護ケアの特徴
  3) ケア機能をもつ共同生活の場―高齢者の自立度が低い場合
   (1)特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
   (2)老人保健施設(介護老人保健施設)
   (3)グループホーム
   (4)小規模多機能
   (5)施設での看護ケアの特徴
  4)治療,生活のための場
   (1)一般専門病院
   (2)病院での看護ケアの特徴
第3章 健康生活モデルに基づく看護援助の方法
 1 健康生活モデルと看護援助(太田喜久子)
  1)援助するための基本的な観点
   (1)生きてきた歴史
   (2)自立と依存
  2)健康生活モデルを用いた看護援助の流れ
   (1)段階1:高齢者の『健康生活の全体』の把握
   (2)段階2:援助を要することの明確化
   (3)段階3:優先度の検討
   (4)段階4:援助方法の選定
   (5)段階5:援助の実施
   (6)段階6:総合的な評価
 2 高齢者への基本的援助技術(粟生田友子)
  1)ケアの基本となる姿勢
   ケアする人の態度
  2)展開の要素
   (1)高齢者との関係性
   (2)専門職としての知識と機能
  3)求められる基本的技術
   (1)健康状態の変化に対処する技術
   (2)健康状態を維持・増進する技術
   (3)周囲からのサポートと環境を調整する技術
   (4)心地よい関係を構築する技術
   (5)自己価値を強化し意味づける技術
第4章 高齢者の健康生活状態の特徴,変化と看護援助
 1 息をする(南川雅子)
  1)加齢による変化
   (1)肺そのものの変化
   (2)呼吸に関わる筋肉や骨の変化
   (3)肺胞・気道クリアランスの変化
  2)機能変化がもたらす生活への影響
   (1)息切れ(運動時)
   (2)呼吸困難感(運動時以外)
  3)機能変化への援助
   (1)胸郭を広げる
   (2)ガス交換機能の維持・増進
   (3)呼吸困難感への対応
  4)起こりやすい病的な変化と援助
  A.肺炎
  B.慢性閉塞性肺疾患
  C.呼吸不全(循環器に関係するもの)
 2 食べる,飲む(南川雅子)
  1)加齢による変化
   (1)運動機能の変化
   (2)咀嚼・嚥下機能の変化
   (3)感覚的な変化
   (4)体構成成分の変化
  2)機能変化がもたらす生活への影響
   (1)活動のためのエネルギーや水分の摂取不足
   (2)生きる意欲への影響
  3)機能変化への援助
   (1)嚥下を容易にするための姿勢を保持する
   (2)食塊を形成するための適度な湿り気と量
   (3)食べる雰囲気とタイミング
   (4)好みの重視
  4)起こりやすい病的な変化と援助
  A.脱水
  B.摂食・嚥下障害
 3 排泄する(水野敏子)
  1)加齢による変化
  A.排尿に関わる機能の変化
   (1)腎臓・膀胱の変化
   (2)尿道周囲の筋・支持組織の変化
   (3)認知機能の変化
  B.排便に関わる機能の変化
   (1)腸管・筋力の変化
   (2)咀嚼・消化機能の変化
   (3)感覚の変化
  2)機能変化がもたらす生活への影響
  A.排尿機能の変化による生活への影響
  B.排便機能の変化による生活への影響
   (1)便秘による生活への影響
   (2)下痢による生活への影響
  3)機能変化への援助
   (1)排尿の問題に対応した治療と援助
   (2)便秘への援助
   (3)下痢への援助
  4)起こりやすい病的な変化と援助
  A.尿失禁
  B.前立腺肥大症
 4 眠る(粟生田友子)
  1)加齢による変化
   (1)中枢神経系の退行性変化
   (2)全身の活動性の低下
   (3)睡眠を妨げる疾患
   (4)薬剤による影響
   (5)心理的なストレス
  2)機能変化がもたらす生活への影響
   (1)睡眠の質の変化
   (2)生活リズムの変調
   (3)生活活動全体への影響
  3)機能変化への援助
   (1)入眠を促し,睡眠時間を確保する工夫
   (2)活動の維持:適度な運動量とのバランス
   (3)生活リズムの調整
   (4)心配事の解消,ストレスの発散
   (5)身体的な苦痛の除去:痛み
  4)起こりやすい病的な変化と援助
  A.不眠:眠れない状態
  B.夜間せん妄:眠らない状態
 5 動く(粟生田友子)
  1)加齢による変化
   (1)骨・関節・筋の加齢変化
   (2)刺激反応性の低下と反応の遅延
  2)機能変化がもたらす生活への影響
   (1)移動方法の変化
   (2)転倒リスクの増大:バランス能力の低下,筋力の低下
   (3)活動耐性の低下と身体の各機能への影響
  3)機能変化への援助
   (1)移動の方法への援助
   (2)環境の調整
   (3)活動耐性の維持
   (4)痛みへの対処
   (5)生活の質(活動の質)の維持
  4)起こりやすい病的な変化と援助
  A.運動機能障害
  B.腰痛症
  C.変形性関節症:変形性膝関節症,変形性股関節症
  D.大腿骨頸部骨折およびその他の骨折
  E.廃用症候群,寝たきり
  F.中枢・神経障害:脳卒中片麻痺,パーキンソン病
  G.関節リウマチ
 6 見る(粟生田友子)
  1)加齢による変化
   (1)視覚機能の変化
  2)機能変化がもたらす生活への影響
   (1)視覚の変調による生活の変化
   (2)視覚情報の処理過程の変調
  3)機能変化への援助
   (1)眼鏡による視力の調整
   (2)視覚変調に合わせた行動,動作,生活環境の調整:時間をかけてゆっくりと行動するよう教育する
   (3)コミュニケーション
  4)起こりやすい病的な変化と援助
  A.白内障
  B.緑内障
  C.加齢黄斑変性症(網膜黄斑変性症)
  D.糖尿病網膜症
  E.脳血管障害による半側空間無視・半盲
 7 話す・聞く(コミュニケーション)(粟生田友子)
  1)加齢による変化
  A.話す
   (1)言語を組み立てる機能の低下
   (2)音声を発する機能の低下
   (3)精神機能・活動性の低下
  B.聞く
   (1)聴力の低下(難聴)
   (2)全般的なコミュニケーション変化
  2)機能変化がもたらす生活への影響
   (1)コミュニケーションの停滞と混乱,不足
   (2)精神機能・活動性のさらなる低下
  3)機能変化への援助
   (1)コミュニケーションの工夫
   (2)補聴器の使用
   (3)環境の調整
  4)起こりやすい病的な変化と援助
   失語症
 8 皮膚を保つ(粟生田友子)
  1)加齢による変化
   (1)皮膚表面の変化
   (2)外皮系の機能的な変化
   (3)末梢神経の退行性変化(末梢神経の刺激受容体の数の減少)
  2)機能変化がもたらす生活への影響
   (1)乾燥による掻痒感(かゆみ)
   (2)触覚の鈍麻による巧緻性の変化
   (3)温度に対する順応性の変化
   (4)皮膚の剥離:治癒遅延,内出血斑
   (5)爪の変形・肥厚・巻き爪
  3) 機能変化への援助
   (1)スキンケア
   (2)体温調節:衣服の選択と環境調整
   (3)温熱刺激からの保護
   (4)下肢の末梢循環を助ける運動と保温
  4)起こりやすい病的な変化と援助
  A.褥瘡
  B.知覚麻痺
  C.白癬症
 9 記憶する・考える(認知)(粟生田友子)
  1)加齢による変化
   (1)記憶の変化(覚える,思い出す,忘れるなど)
   (2)知能の変化(理解・思考)
   (3)感情・気分の変化(こころ)
   (4)行動の変化
  2)機能変化がもたらす生活への影響
   (1)活動の質の変化
   (2)人との交流機会・活動量の減少
   (3)生活上のリスクの増大
  3)機能変化への援助
   (1)記憶,理解力,意欲などの変化
   (2)環境の調整
  4)起こりやすい病的な変化と援助
  A.認知症
  B.高次脳機能障害
 10 こころ(粟生田友子)
  1)加齢による変化
   (1)脳の加齢変化とこころの変化
   (2)心理社会的な要因とこころの状態
  2)機能変化がもたらす生活への影響
  3)機能変化の援助
   (1)関心を寄せて見守る
   (2)こころの変化を受け入れて関わる
   (3)環境の調整
  4)起こりやすい病的な変化と援助
   うつ
第5章 豊かな生涯を全うするための援助
 1 交流を促す援助(粟生田友子)
  1)老年期の喪失体験
  2)高齢者のQOLに影響するもの
  3)老年期における人との交流の特徴
   (1)老年初期における人との交流の変容
   (2)身体機能の衰えによる人との交流の変容
   (3)終焉を迎えるまでの人との交流
  4)交流の場
  5)交流の機会を維持するための支援
   (1)地域情報の提供
   (2)交流のきっかけを作り,交流を続けられる支援
   (3)交流の場における具体的な関わり
   (4)心理的援助
 2 介護が必要な高齢者と家族への援助(浅川典子)
  1)介護が必要な高齢者と家族の状況
   (1)高齢者の家族形態の変化
   (2)介護が必要な高齢者のいる世帯
   (3)介護者の状況
   (4)同居している介護者の介護状況
   (5)高齢者虐待
  2)介護が必要な高齢者と家族を支えるしくみ
   (1)介護保険制度の下での介護サービス利用
   (2)判断能力が不十分な高齢者の権利を擁護するしくみ
 3 その人らしい最期を迎えるための援助(水野敏子)
  1)終末期の定義
  2)高齢者の終末期の特徴
  3)その人らしい最期を迎えるための看護に関する倫理的問題
  4)その人らしい最期を迎えるための看護におけるケアのポイント
   (1)人生の終焉へ向かう時期
   (2)死亡直前期
   (3)臨死期
  5)家族への看護
   (1)家族へのデスエデュケーション
   (2)家族の決定を支持する
   (3)別れの場の設定
   (4)介護家族の生活への配慮
  6)高齢者に多くみられる終末期の症状と看護
   (1)疼痛
   (2)呼吸困難
   (3)食欲不振・体重減少
   (4)便秘
   (5)せん妄
   (6)不安
第6章 健康生活を維持するための治療的看護援助
 1 薬物療法(湯沢八江)
  1)薬物療法と看護活動
  2)薬とは
  3)処方薬の種類と注意点
   (1)注射
   (2)外用薬
   (3)内服薬
  4)処方薬以外の薬や食品と注意点
   (1)一般販売医薬品
   (2)漢方薬
   (3)健康ドリンク・食品
  5)服薬への看護援助
   (1)服薬事故の防止
   (2)服薬の支援
 2 手術療法(南川雅子)
  1)手術療法の目的
  2)高齢者の周手術期の特徴
   (1)身体の諸器官の予備力が低下するために,ストレスに対する反応性が低下する
   (2)創傷治癒が遅延する
   (3)感覚器の機能低下に伴い,外界からの情報を得にくい
   (4)環境の急激な変化に対応しにくく,せん妄様症状をきたしやすい
   (5)手術によって著しくQOLの低下をきたすことがある
  3)高齢者の周手術期の看護援助
   (1)術前訓練と早期離床
   (2)異常の早期発見
   (3)創傷治癒の促進
   (4)正しい情報を得るための援助
   (5)せん妄様症状の改善
  4)手術療法が高齢者の健康生活を阻害する場合とその対策
   (1)医学的適応
   (2)高齢者の意思
   (3)QOL
   (4)退院後の生活環境
  5)緊急手術の場合
 3 感染対策(湯沢八江)
  1)感染が起こる時
  2)高齢者にみられる感染症
   (1)内因性感染症
   (2)外因性感染症
   (3)薬剤耐性型感染症
   (4)血液媒介型感染症
  3)基本となる感染対策
   (1)予防
   (2)感染症発生時
  4)高齢者の感染症対策
   (1)高齢者自身が心がけること
   (2)看護職が行う援助
  5)高齢者にみられる感染症への看護援助
   (1)結核
   (2)疥癬
   (3)MRSA






(*)「医学書」
・基礎医学
・臨床医学一般
・臨床内科
・臨床外科
・泌尿器科学
・産科・婦人科学
・小児科学
・老年医学
・皮膚科学
・眼科学
・耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学
・救急医学・集中治療
・麻酔科学・ペインクリニック
・放射線医学・核医学
・がん・腫瘍
・整形外科学
・リハビリテーション医学
・精神医学
・伝統医学・東洋医学
・歯科学
・薬学
・看護学
・医療技術
・臨床医学






(*)治療と予防
http://diseaseinfomation.seesaa.net/
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報
胃がん 大腸がん 肺がん 乳がん 子宮がん 白血病 肝炎 脳梗塞 うつ病 心筋梗塞 高血圧 更年期障害 リウマチ 腰痛 椎間板ヘルニア 白内障 歯周病 アトピー性皮膚炎 水虫 痔 感染症 糖尿病 メタボリックシンドローム 生活習慣病 ストレス






┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
< シルク衣料の専門店「シルクル」>
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/0f4ab26e.151e338d.0f4ab26d.b4577a92/
天然素材のシルクはお肌に優しい癒しインナーです。
シルク下着(シルクショーツ,シルクブラジャー,シルクキャミソール,シルクタンクトップ,シルクスリップ,シルクレギンス,シルクランジェリー,シルク腹巻き),シルク靴下,シルク5本指靴下,冷え取り靴下,シルクパジャマ
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘







(*)「風景画」







(*)癒しの音楽CD

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
(*)1日10分の自宅療法 おなら体質改善14日間プログラム
http://bit.ly/T4Riv9
・便秘がちでおならの臭い、多さ、お腹が張って悩んでいる。
・下痢がちでおならの量が多く、簡単に放屁できない。
・お腹が空いていないのに、横になったり静かな場所にいると「腹鳴り」がおきてしまう。
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

治療と予防

大豆粉は糖質制限食やダイエット食としても注目されています。大豆粉レシピと大豆粉通販

<糖質制限食やダイエットに>
大豆粉
(*)「大豆粉」(詳細クリック!)

大豆粉は、良質な植物性タンパク質・食物繊維が多量に含まれ、健康に良いレシチン・イソフラボン・サポニンも含有されバランス栄養食材です。
また、大豆粉は、小麦粉などと比較して低カロリーなので、糖質制限食やダイエット食としても注目されています。






<大豆粉を使った料理レシピ>

(*)大豆粉レシピ「大豆粉で作るパンケーキ」
http://cookpad.com/recipe/1372967
低糖スイーツ

(*)大豆粉レシピ「大豆粉の紅茶クッキー」
http://cookpad.com/recipe/1713345
糖質オフのティータイムにピッタリ

(*)大豆粉レシピ「大豆粉のお好み焼き」
http://cookpad.com/recipe/1824067
糖質を減らしたい時のお好み焼きです。






(*)レディス4「今、大注目の大豆粉レシピ」(テレビ東京系)
http://www.tv-tokyo.co.jp/ladys4/back/120618/main.html#05
栄養満点で低糖質!今、注目されている“大豆粉”親子三代料理研究家のきじまりゅうたさんが小麦粉やパン粉の代わりに大豆粉を使いヘルシーで食べ応え満点のレシピを紹介。






(*)「きな粉と大豆粉はどうちがう?」(大塚製薬)
http://www.otsuka.co.jp/soy/study/bean/processed/kinako.html
きな粉は、大豆を焦がさないように、ゆっくりと炒って、火が通ったところで皮を除き、ミキサーで粉にして作られます。大豆粉は、独自の製法で生のまま粉砕し、加熱をせずに粉にします。
大豆は、生のまま粉にすることがとても難しい食品です。単純にそのまま粉砕して粉にしようとしても、含まれている脂肪分が酸化してしまいおいしくなくなってしまうということで、これまであまり使用されてきませんでした。
しかし、近年、技術が進み大豆のおいしさを損なうことなく粉にすることができるようになりました。
SOYJOY(ソイジョイ)はきな粉ではなく、大豆粉の生地でできています。

大豆粉クッキーレシピ
(*)「ソイジョイ」 (詳細クリック!)

SOYJOYは、小麦粉を使用せず、大豆粉だけを使用した生地に、たっぷりのフルーツを加えて焼き上げた、新しいタイプの栄養食品です。






病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事の掲示板 大豆粉レシピと大豆粉通販

お酢効果と酢を使った料理レシピ

<お酢を使った料理レシピ>
ミツカン社員のお酢レシピ
(*)「ミツカン社員のお酢レシピ」 (詳細クリック!)

スゴイ、お酢の力。
・肉料理で使うと、肉がやわらかくなる。
・煮物や炒め物に入れると、味がしまる。
・天ぷらの衣にお酢を入れると、サクサクに揚がる。
・酢を使うと、塩分控えめでもしっかり味がつく。
・余った野菜は、なんでもピクルスにして、無駄ナシ。
・「カレーライス、ラーメン、唐揚げにもお酢」は、クセになる。

さらにスゴイ、お酢の力。
・毎日大さじ1杯のお酢で、肥満気味の人の内臓脂肪が減少、体重が落ちる
・毎日大さじ1杯のお酢で、高めの血圧や血中脂肪が下がる。
・カルシウムの吸収を助ける。
・疲れた体を癒す。
・食欲を増進し、消化を助ける。
・夏バテ対策にも!






(*)大さじ1杯で健康に! ミツカン監修のお酢レシピ本が好調
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120614/1041489/
 お酢に関する豆知識やレシピがギュッと詰まった書籍「ミツカン社員のお酢レシピ 毎日大さじ1杯のお酢で、おいしく健康生活」が好調だ。出版元である幻冬舎の編集担当・袖山 満一子氏によると2012年5月25日の発売から10日前後で6万部を突破。購入者は8割が女性、うち約6割が30〜40代、3割が50代で、これまでのお酢愛用者より若い層にも人気だという。
 気になるレシピは、「鶏のさっぱり煮」や「なんでもカップずし」「肉てまりずし」「なんでもピクルス」などテレビのCMでもおなじみのメニューを含む92品が掲載されている。ミツカン(愛知県半田市)コーポレートコミュニケーション室の浅野 修弘氏は「お酢のイメージから昔ながらのメニューをイメージする人も多いため、味はもちろん見た目もおしゃれにし、『作ってみよう!』という気にさせることも大切だと考えました。いわゆる酢漬けも“ピクルス”という表現でおしゃれな容器で楽しむことを提案。彩りも鮮やかで簡単に楽しんでいただけるよう工夫しています」と語る。ピクルスだけでも実に10種類以上あるのは、“お酢の専門家”ならでは。もやしや長芋のピクルスなど個性的なラインナップも並ぶ。
 また、レシピだけでなく、お酢の具体的な健康効果のほか、くさみやぬめりを取るなど実用的な作用や、お酢の種類なども紹介されている。「お酢を毎日15mL(大さじ1杯)摂取すると、個人差はありますが様々な健康機能に作用することがわかっています。お酢を加えていただくと、味がしっかりすることで減塩にもなりますし、食欲が減退するこれからの季節、お酢は食欲を増進させます。同書のメニューで若年層の主婦の方にも毎日の食生活に無理なくお酢を取り入れていただきたいですね」と浅野氏。
 各レシピの横に「1人分の酢の使用量」が書かれているのもこだわりだ。編集担当の袖山氏は、「どんな料理にどのくらいのお酢が入っているのかを明記したら献立の参考になるのではと考え工夫してみました。また酸っぱいのが苦手という男性が意外と多いことを考慮して、星マークで“酸っぱい度”の表記も加えています」と話す。

ミツカン社員のお酢料理レシピ






<ミツカン酢のお取り寄せ>

ミツカン酢のお取り寄せ
(*)ミツカン「お米で作った純なお酢」 (詳細クリック!)

米だけを使って醸造された純米酢。香りやわらか製法で従来のお酢よりやわらかな香りを実現。味はすっきりで和洋中どんな料理にも合います。

(*)ミツカン「穀物酢」(詳細クリック!)
味・きき・香りのバランスがよくととのったおなじみのお酢です。和・洋・中どんな料理にもよく合います。

(*)ミツカン「特濃酢」 (詳細クリック!)
ききが強くコクがあり、味に深みのでるお酢です。酸度は穀物酢の2倍です。

(*)ミツカン「純米酢金封」(詳細クリック!)
国産米だけを使って醸造した純米酢金封は、コクとうまみが生きる深い風味が特長です。お祝い等の特別なお料理にどうぞ。

(*)ミツカン「純玄米酢」(詳細クリック!)
国産玄米だけを豊富に使用した、毎日続けられる飲みやすい黒酢です。アミノ酸などの旨味成分を豊富に含んだ、酸味がまろやかなのが特徴。また独自の醸造技術により、さわやかな味わいを実現し、くせの原因となっている成分を抑えています。飲みやすく、お料理にも使いやすい黒酢です。

(*)ミツカン「リンゴ酢」
りんご果汁を原料にした、まろやかな風味とソフトな口あたりのお酢です。






(*)お酢を使ったさっぱり料理
http://www.kirin.co.jp/about/g_r/otsumami/feature/065/index.html
食酢には醸造酢と合成酢があり、一般的に使われ流通しているのが醸造酢。
醸造酢は穀物酢(米、麦、とうもろこしなど穀物を原料)と、果実酢(ぶどうやりんごなどの果汁を原料)に大別されます。
穀物酢はさらに原料別に、穀物酢(複数の穀類が原料)、米酢(米だけを原料)、玄米酢(玄米が主原料)などがあり、近年人気の中国酢も穀物酢です、果実酢には、りんご酢やワインビネガー、柿酢、いちじく酢といった珍しい酢があります。原料は同じぶどうでも独特の製法で生産されるシャンパン酢やバルサミコ酢などがあります。

<お酢を使ったさっぱり料理レシピ>
・フレッシュトマトのさっぱり☆土佐酢そうめん
・鶏肉のやわらかエスニック酢煮
・中華風ハンバーグ 黒酢おろしソース
・マスカルポーネとブルーベリーのバルサミコデザート
・ラディッシュの甘酢漬け
・やまいもとオクラの酢の物
・えびとわかめの酢の物
・くらげの酢の物
・キャベツの浅漬け
・かつおの甘酢マリネ
・あじの黄身酢ドレッシング
・きゅうり・わかめ・みょうがのしょうが酢和え
・焼きパプリカの酢の物
・ほうれん草とほたての酢味噌あえ
・ささみのマリネ〜梅風味〜
・小あじの南蛮漬け
・ししゃものマリネ
・きのこの揚げびたし
・れんこんと長いもの中華風マリネ
・ひき肉と春雨のエスニック黒酢炒め
・鶏のバルサミコ酢風味
・酢豚
・にら入り団子の甘酢あん
・スペアリブの照り焼き〜バルサミコ酢風味〜
・酸辣湯(サンラータン)






(*)美味しい食べ物と飲み物のグルメ掲示板

(*)美容の掲示板

(*)ダイエット

(*)病気の治療 予防 病気 掲示板






(*)中学受験

(*)高校受験

(*)大学受験

(*)家庭教師

(*)就職活動


お酢を使った料理レシピ 夏バテ対策と夏バテ解消レシピ-治療と予防の掲示板

熱中症対策

熱中症対策

熱中症対策
(*)「熱中症対策マニュアル」 (詳細クリック!)

熱中症は、屋外でのスポーツや仕事に携わらなければ関係ない、というのは間違いです。
屋内で過ごしていたり、普通の生活をしていても、熱中症にかかる危険はたくさんあります!
熱中症にかからないためには、まずは熱中症を正しく知ることから。
本書は、熱中症とはどんな症状かや、どんな人が熱中症にかかりやすいか、
予防するにはどうしたらいいのか、などをイラストとマンガでやさしく学べます。
また、万が一熱中症にかかってもあわてない、応急処置の方法も丁寧に解説しています。

<目次>
第1章 熱中症の基礎知識
・熱中症とはどんな病気でしょうか?
・熱中症はどんな場所で起こりますか?
・屋内にいれば熱中症にはなりませんか?
・熱中症にかかわる体温調節の機能とは、どのような仕組みですか?
・なぜ体温調節の機能は乱れるのでしょうか?
・熱中症になるとどんな症状が現れますか?
・熱中症の症状が重篤になると、どうなりますか?
・熱中症にかかりやすいのはどんな人ですか?

第2章 熱中症を予防する方法
・熱中症の対策はいつごろからはじめるとよいでしょうか?
・予防では、どんな点に気をつければよいでしょうか?
・熱中症の予防にはどんな服装がよいでしょうか?
・食生活で気をつけることはどんなことでしょうか?
・予防のための水分補給はどんな飲み物が最適でしょうか?
・効果的な水分補給の方法はありますか?
・住まいで気をつけたいポイントはありますか?
・エアコンなど、空調の使い方のコツはありますか?
・そのほかに、日常生活での工夫はありますか?
・外出するときの工夫はありますか?
・予防のために年代ごとに気をつけたいポイントはありますか?
・もっと知りたい熱中症Q&A

第3章 熱中症になったときの応急処置
・熱中症を疑うべきポイントはありますか?
・熱中症だと分かったら、どうすればよいでしょうか?
・はじめに意識の確認をするのはなぜでしょうか?
・涼しい場所に避難する際のポイントはありますか?
・衣服を緩め、体を冷やすポイントはありますか?
・応急処置で水分補給をする場合のポイントはありますか?
・医療機関に搬送するときの注意点はありますか?
・医療機関で診察を受けるとき、気をつけることはありますか?
・熱中症の症状が落ち着いたら安心でしょうか?






(*)熱中症 – Wikipedia
熱中症は、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称。屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる。日射病とは違い、室内でも発症するケースが多く、年々増加傾向にある。

(*)「熱中症環境保健マニュアル」(環境省)
http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html
・熱中症とは何か
・熱中症はどのようにして起こるのか
・熱中症はどれくらい起こっているのか
・熱中症による死亡と気象条件
・どんな症状があるのか
・どういうときに熱中症を疑うか
・熱中症を疑ったときには何をするべきか
・医療機関に搬送するとき
・熱中症を防ぐためには
・日常生活での注意事項
・日常生活で起こる熱中症
・運動時の注意事項
・労働環境での注意事項

(*)「熱中症に注意」(気象庁)
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/netsu.html

(*)「ためしてガッテン 熱中症で死ぬもんかSP」
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110713.html






<熱中症の予防と対策>
LEDライトの色とブザーで注意喚起してくれます。(日本気象協会監修)
熱中症対策グッズの見守りっち
(*)「見守りっち」 (詳細クリック!)

熱中症の危険性を、いつでもチェックできる携帯型の熱中症計。いつでも見守ってくれる自動計測機能付き。
センサーが10分おきに気温と湿度を計測して、熱中症の危険性を「LEDライトの色」と「ブザー」で警告します。
警戒ブザーは、お年寄りの方にも聞き取りやすい周波数。
手動計測もボタンを押すだけの簡単操作。
ストラップ付きなので、遊びに夢中になりがちなお子様の注意喚起や、地面からの反射熱を浴びやすいベビーカー、持ち歩いてガーデニングや畑仕事・ウォーキングや散歩中にも便利です。






<塗るアイスノン>
塗るとすぐに「スーッ」とメントールの爽快感が広がります。べとつかず、冷涼感はしっかり長続き。
熱中症対策グッズ
(*)「熱中ガード ぬるアイスノン」 (詳細クリック!)






<アクエリアス ゼロ>
ゼロカロリーのスポーツドリンクで小まめに水分補給を。
熱中症対策のスポーツドリンク
(*)「アクエリアスゼロ」 (詳細クリック!)






(*)病気の治療 予防 病気 掲示板
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/dis-index.html
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報

治療と予防の掲示板 熱中症の対策と熱中症対策グッズ-治療と予防の掲示板 熱中症対策グッズ

最先端の治療法(最先端医療)

最先端医療
(*)「受けたい最新医療101」 (詳細クリック!)
読売新聞で掲載中の、最先端の治療法を紹介する記事の中から、特に「保存版」として身近に備えておきたい治療法101件を厳選。
その他にも、専門記者による先端医療現場のリポートなど、今知りたい情報が満載です。

<中高年や高齢者に多い病気>
・認知症;漢方薬療法で効果
・3種の手術;変形性ひざ関節症
・増加の一途;大腿骨骨折
・飲み薬に加え注射薬も;骨粗しょう症
・多焦点眼内レンズ;白内障手術
・家庭血圧を重視;高血圧ガイドライン改訂
・低血糖を起こしにくい;糖尿病の新治療薬
・手足のしびれを取る;頸髄症の手術
・早期発見で壊疽防ぐ;糖尿病で「足外来」
・治療の第一選択肢に;加齢黄斑変性症の新薬
・専用機器で悩み解消;重症の床ずれ

<子どもの病気>
・重症化予防薬;RSウイルス感染症
・原因不明の子どもの病気;川崎病が増加
・乳児ぜんそく;ステロイド吸入普及
・こまめにスキンケア;乳幼児のアトピー性皮膚炎
・子ども用登場;肺炎球菌ワクチン

<女性に多い病気・女性のがん>
・再発抑制療法;性器ヘルペス
・二つの新治療薬;子宮内膜症
・早期の乳がん;非浸潤性乳管がん
・黄体ホルモン放出型;子宮内避妊具
・診断基準厳格化;妊娠糖尿病
・新治療薬;卵巣がん
・更年期障害;ホルモン補充療法
・脂肪を使って;乳房再建
・米国で変化;乳がん治療

<がん治療>
・早期大腸がん;内視鏡ではく離術
・抗がん剤アバスチン;進行性大腸がん
・脳腫瘍;MRI手術
・漢方薬で;がんの症状緩和
・手術用ロボット;前立腺がん
・膵臓がん;EUS(超音波内視鏡)検査
・可能性広がる;小腸内視鏡
・痛み治療;多発骨転移がん
・放射線治療ロボット;サイバーナイフ
・新薬登場;悪性リンパ腫
・激痛に対処;脊髄鎮痛法
・免疫力を高める;がんペプチドワクチン療法
・術後補助化学療法;胃がん生存率向上
・初の抗がん剤;進行した腎臓がん
・早期の胃がん;センチネルリンパ節生検
・抗がん剤治療;遺伝子検査
・研究進む;放射線治療
・抗がん剤治療;副作用抑制対策

<心臓や血管の治療>
・ステント治療;腎動脈狭窄症
・新予防薬;手術後の肺塞栓症
・拡張型心筋症;免疫吸着療法
・ステントによる新治療;大きな脳動脈瘤
・心不全治療
 除細動器付き両心室ペースメーカー
・新薬効果;肺高血圧症
・大動脈弁形成術;心臓弁膜症
・脳梗塞;血栓回収治療
・検査法普及;動脈硬化を発見
・不整脈;心房細動の新指針
・ハイブリッド手術;胸の弓部大動脈瘤

<痛みの治療>
・自分で注射する;片頭痛治療薬
・帯状疱疹が治った後;神経の損傷による痛み
・血液検査で分かる;帯状疱疹ウイルスの頭痛
・貼る医療用麻薬;フェンタニル・パッチ

<東日本大震災>
・放射線の影響;被曝の治療
・健康被害は小さい;放射線による検査と治療
・甲状腺がんを起こす?;放射性ヨウ素の影響

<こころの病気>
・18歳未満は要注意;抗うつ薬と自殺願望
・見分けるのは難しい;認知症か、うつ病か
・心的外傷後ストレス障害;PTSDの治療
・使用者延べ260万人;抗うつ薬の副作用
・注意すべき副作用;薬剤が招くうつ病
・そううつ病;双極性障害に初の治療指針

<歯科の治療>
・難しい根管治療;根尖性歯周炎
・全身的な症状の改善を目指す;歯科の漢方治療
・虫歯はないのに;原因不明の歯の痛み

<暮らし・美容に関する治療>
・ダイエット成功、しかし……;減量後の「たるみ」除去
・日中の強い眠気;ナルコレプシー
・傷跡目立たなく;フラクショナル・レーザー
・げっぷやおならが増える;かみしめ呑気症候群
・花粉症の新治療;舌下減感作療法
・日本でも広がる;自家植毛
・青春のシンボル;ニキビ抑える薬
・重いやけど;皮膚再生
・失明の危険も;アカントアメーバ角膜炎
・食べて治す;食物アレルギー
・別名「各駅停車症候群」;過敏性腸症候群の薬
・3~4人に1人が患者;花粉症の早期治療
・手術や事故の傷跡に;顔面の人工修復
・安易に考えないで;脂肪吸引手術

<そのほかの治療>
・自然気胸の再発防ぐ;胸腔鏡手術のカバーリング法
・患者に合わせた;ピロリ菌除去
・患者数約70万人;関節リウマチに新薬
・砕きにくい結石に;腎臓結石の内視鏡治療
・腎不全;透析のかゆみ
・ぜんそく?感染症?;長引くせき
・画像ナビゲーション使う;靱帯再建手術
・C型肝炎;ウイルス除去療法
・せきや痰が続く;肺MAC症
・重症患者に朗報!;新ぜんそく薬「オマリズマブ」
・難治のてんかん;迷走神経刺激療法
・国内に100人~150万人;B型肝炎
・発作の原因を調べる;てんかん検査
・小腸の検査に;カプセル内視鏡
・臓器がくっきり;蛍光造影法
・脳波検査で分かる;高齢者のてんかん
・次々と承認;インフルエンザ新薬

最先端の治療法






(*)病気の治療 予防 病気 掲示板
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/dis-index.html
病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事。 名医 評判のいい病院 原因 自覚症状 検査 診断 治療費 手術費用 ブログ闘病記 テレビ番組情報






(*)「先進医療の概要について」(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/sensiniryo/index.html






<弱った胃腸の働きを活発にします>
エビオス錠
(*)「エビオス錠」 (詳細)
・ビール酵母には、乳酸菌などの腸の働きに役立つ菌を増やしたり、食欲を増進させる作用があります。天然素材のビール酵母から生まれたエビオス錠は、弱った胃を助け、消化不良,食欲不振など、胃の働きが不十分なために引き起こされる症状を改善します。
・ビール酵母には、ビタミンB1,B2,B6などのビタミンB群、たんぱく質、ミネラルといった栄養素の他に、グルカン、マンナンという食物繊維、さらに核酸などが豊富に含まれています。天然素材のビール酵母から生まれた「エビオス錠」は、これらの成分の相互作用で不足しがちな栄養素を補います。
・ビール酵母には、たんぱく質を構成するアミノ酸のうち、体内ではつくれない必須アミノ酸9種類すべてが含まれています。天然素材のビール酵母から生まれたエビオス錠は、たんぱく質を豊富(40〜50%)に含み、胃腸の健康に役立ちます。