大豆粉は糖質制限食やダイエット食としても注目されています。大豆粉レシピと大豆粉通販

<糖質制限食やダイエットに>
大豆粉
(*)「大豆粉」(詳細クリック!)

大豆粉は、良質な植物性タンパク質・食物繊維が多量に含まれ、健康に良いレシチン・イソフラボン・サポニンも含有されバランス栄養食材です。
また、大豆粉は、小麦粉などと比較して低カロリーなので、糖質制限食やダイエット食としても注目されています。






<大豆粉を使った料理レシピ>

(*)大豆粉レシピ「大豆粉で作るパンケーキ」
http://cookpad.com/recipe/1372967
低糖スイーツ

(*)大豆粉レシピ「大豆粉の紅茶クッキー」
http://cookpad.com/recipe/1713345
糖質オフのティータイムにピッタリ

(*)大豆粉レシピ「大豆粉のお好み焼き」
http://cookpad.com/recipe/1824067
糖質を減らしたい時のお好み焼きです。






(*)レディス4「今、大注目の大豆粉レシピ」(テレビ東京系)
http://www.tv-tokyo.co.jp/ladys4/back/120618/main.html#05
栄養満点で低糖質!今、注目されている“大豆粉”親子三代料理研究家のきじまりゅうたさんが小麦粉やパン粉の代わりに大豆粉を使いヘルシーで食べ応え満点のレシピを紹介。






(*)「きな粉と大豆粉はどうちがう?」(大塚製薬)
http://www.otsuka.co.jp/soy/study/bean/processed/kinako.html
きな粉は、大豆を焦がさないように、ゆっくりと炒って、火が通ったところで皮を除き、ミキサーで粉にして作られます。大豆粉は、独自の製法で生のまま粉砕し、加熱をせずに粉にします。
大豆は、生のまま粉にすることがとても難しい食品です。単純にそのまま粉砕して粉にしようとしても、含まれている脂肪分が酸化してしまいおいしくなくなってしまうということで、これまであまり使用されてきませんでした。
しかし、近年、技術が進み大豆のおいしさを損なうことなく粉にすることができるようになりました。
SOYJOY(ソイジョイ)はきな粉ではなく、大豆粉の生地でできています。

大豆粉クッキーレシピ
(*)「ソイジョイ」 (詳細クリック!)

SOYJOYは、小麦粉を使用せず、大豆粉だけを使用した生地に、たっぷりのフルーツを加えて焼き上げた、新しいタイプの栄養食品です。






病気の治療と予防と検査と症状と費用と食事の掲示板 大豆粉レシピと大豆粉通販

広告

お酢効果と酢を使った料理レシピ

<お酢を使った料理レシピ>
ミツカン社員のお酢レシピ
(*)「ミツカン社員のお酢レシピ」 (詳細クリック!)

スゴイ、お酢の力。
・肉料理で使うと、肉がやわらかくなる。
・煮物や炒め物に入れると、味がしまる。
・天ぷらの衣にお酢を入れると、サクサクに揚がる。
・酢を使うと、塩分控えめでもしっかり味がつく。
・余った野菜は、なんでもピクルスにして、無駄ナシ。
・「カレーライス、ラーメン、唐揚げにもお酢」は、クセになる。

さらにスゴイ、お酢の力。
・毎日大さじ1杯のお酢で、肥満気味の人の内臓脂肪が減少、体重が落ちる
・毎日大さじ1杯のお酢で、高めの血圧や血中脂肪が下がる。
・カルシウムの吸収を助ける。
・疲れた体を癒す。
・食欲を増進し、消化を助ける。
・夏バテ対策にも!






(*)大さじ1杯で健康に! ミツカン監修のお酢レシピ本が好調
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120614/1041489/
 お酢に関する豆知識やレシピがギュッと詰まった書籍「ミツカン社員のお酢レシピ 毎日大さじ1杯のお酢で、おいしく健康生活」が好調だ。出版元である幻冬舎の編集担当・袖山 満一子氏によると2012年5月25日の発売から10日前後で6万部を突破。購入者は8割が女性、うち約6割が30〜40代、3割が50代で、これまでのお酢愛用者より若い層にも人気だという。
 気になるレシピは、「鶏のさっぱり煮」や「なんでもカップずし」「肉てまりずし」「なんでもピクルス」などテレビのCMでもおなじみのメニューを含む92品が掲載されている。ミツカン(愛知県半田市)コーポレートコミュニケーション室の浅野 修弘氏は「お酢のイメージから昔ながらのメニューをイメージする人も多いため、味はもちろん見た目もおしゃれにし、『作ってみよう!』という気にさせることも大切だと考えました。いわゆる酢漬けも“ピクルス”という表現でおしゃれな容器で楽しむことを提案。彩りも鮮やかで簡単に楽しんでいただけるよう工夫しています」と語る。ピクルスだけでも実に10種類以上あるのは、“お酢の専門家”ならでは。もやしや長芋のピクルスなど個性的なラインナップも並ぶ。
 また、レシピだけでなく、お酢の具体的な健康効果のほか、くさみやぬめりを取るなど実用的な作用や、お酢の種類なども紹介されている。「お酢を毎日15mL(大さじ1杯)摂取すると、個人差はありますが様々な健康機能に作用することがわかっています。お酢を加えていただくと、味がしっかりすることで減塩にもなりますし、食欲が減退するこれからの季節、お酢は食欲を増進させます。同書のメニューで若年層の主婦の方にも毎日の食生活に無理なくお酢を取り入れていただきたいですね」と浅野氏。
 各レシピの横に「1人分の酢の使用量」が書かれているのもこだわりだ。編集担当の袖山氏は、「どんな料理にどのくらいのお酢が入っているのかを明記したら献立の参考になるのではと考え工夫してみました。また酸っぱいのが苦手という男性が意外と多いことを考慮して、星マークで“酸っぱい度”の表記も加えています」と話す。

ミツカン社員のお酢料理レシピ






<ミツカン酢のお取り寄せ>

ミツカン酢のお取り寄せ
(*)ミツカン「お米で作った純なお酢」 (詳細クリック!)

米だけを使って醸造された純米酢。香りやわらか製法で従来のお酢よりやわらかな香りを実現。味はすっきりで和洋中どんな料理にも合います。

(*)ミツカン「穀物酢」(詳細クリック!)
味・きき・香りのバランスがよくととのったおなじみのお酢です。和・洋・中どんな料理にもよく合います。

(*)ミツカン「特濃酢」 (詳細クリック!)
ききが強くコクがあり、味に深みのでるお酢です。酸度は穀物酢の2倍です。

(*)ミツカン「純米酢金封」(詳細クリック!)
国産米だけを使って醸造した純米酢金封は、コクとうまみが生きる深い風味が特長です。お祝い等の特別なお料理にどうぞ。

(*)ミツカン「純玄米酢」(詳細クリック!)
国産玄米だけを豊富に使用した、毎日続けられる飲みやすい黒酢です。アミノ酸などの旨味成分を豊富に含んだ、酸味がまろやかなのが特徴。また独自の醸造技術により、さわやかな味わいを実現し、くせの原因となっている成分を抑えています。飲みやすく、お料理にも使いやすい黒酢です。

(*)ミツカン「リンゴ酢」
りんご果汁を原料にした、まろやかな風味とソフトな口あたりのお酢です。






(*)お酢を使ったさっぱり料理
http://www.kirin.co.jp/about/g_r/otsumami/feature/065/index.html
食酢には醸造酢と合成酢があり、一般的に使われ流通しているのが醸造酢。
醸造酢は穀物酢(米、麦、とうもろこしなど穀物を原料)と、果実酢(ぶどうやりんごなどの果汁を原料)に大別されます。
穀物酢はさらに原料別に、穀物酢(複数の穀類が原料)、米酢(米だけを原料)、玄米酢(玄米が主原料)などがあり、近年人気の中国酢も穀物酢です、果実酢には、りんご酢やワインビネガー、柿酢、いちじく酢といった珍しい酢があります。原料は同じぶどうでも独特の製法で生産されるシャンパン酢やバルサミコ酢などがあります。

<お酢を使ったさっぱり料理レシピ>
・フレッシュトマトのさっぱり☆土佐酢そうめん
・鶏肉のやわらかエスニック酢煮
・中華風ハンバーグ 黒酢おろしソース
・マスカルポーネとブルーベリーのバルサミコデザート
・ラディッシュの甘酢漬け
・やまいもとオクラの酢の物
・えびとわかめの酢の物
・くらげの酢の物
・キャベツの浅漬け
・かつおの甘酢マリネ
・あじの黄身酢ドレッシング
・きゅうり・わかめ・みょうがのしょうが酢和え
・焼きパプリカの酢の物
・ほうれん草とほたての酢味噌あえ
・ささみのマリネ〜梅風味〜
・小あじの南蛮漬け
・ししゃものマリネ
・きのこの揚げびたし
・れんこんと長いもの中華風マリネ
・ひき肉と春雨のエスニック黒酢炒め
・鶏のバルサミコ酢風味
・酢豚
・にら入り団子の甘酢あん
・スペアリブの照り焼き〜バルサミコ酢風味〜
・酸辣湯(サンラータン)






(*)美味しい食べ物と飲み物のグルメ掲示板

(*)美容の掲示板

(*)ダイエット

(*)病気の治療 予防 病気 掲示板






(*)中学受験

(*)高校受験

(*)大学受験

(*)家庭教師

(*)就職活動


お酢を使った料理レシピ 夏バテ対策と夏バテ解消レシピ-治療と予防の掲示板